インターンシップ

海外で仕事を体験できる、インターンシップ

<概要>

インターンシップとは企業、NPO団体、公的機関などで研修生として就業経験を積み、
将来のキャリアアップや就職へとつなぐ事なども野に入れた制度です。
カナダ都市部では様々な接客業を中心としたインターンシップ、また日系企業でのインターンシップが可能です。都市部以外では観光業でのインターンシップが人気です。
ただし、インターンシップは必ず出来るという事ではなく、最終的に採用されるかどうかは雇用する方の判断となります。英語力が充分でなかったり、面接で自分をアピールする事が不十分な場合は採用されない事もあります。
語学学校などのプログラムの一貫としてインターンシップをする場合も希望の職種につけるかどうかは英語力や面接が大きなカギとなります。


<インターンシップをする為のビザ>

給与の有無に関わらず、インターンシップをするには基本的にカナダで就労できるビザが必要となります。

  • ワーキングホリデービザ
  • Co-opビザ
  • Post Graduate Work Permitでの就労ビザ
  • カレッジ在学者の学生ビザ

<インターンシップのメリット>

インターンシップを通して実際の職場で日本と異なるビジネスマナーや学校では習う事が出来ない生きた英語を習得する事も可能です。頭の中で理解していても実際の職場で知識を活かす事、また母国語以外の言葉でそれをする事はそう簡単な事ではありません。が、やり終えたときの充実感もひとしおでしょう。
終了時にはインターン先の企業から終了証が発行してもらえる事が多く、履歴書に職歴として記入する事も可能です!


<まとめ>

インターンシップを通して得られるものは職場での生きた英語、終了証だけではありません。北米での仕事探しはコネクション(人脈)がとても重要となります。インターンシップ先からその後様々なチャンスに繋がる可能性も十分にあります!また、Co-opビザは30歳以上でも取得可能ですからワーホリビザの取得が無理な方でもチャンスがあります。