トロントの古今を知る Doors Open Toronto

doors-open

短い夏をめいっぱい楽しむため、カナダでは暖かい季節にたくさんのイベントが開催されます。
北米ではトロントが率先して始めたユニークな文化的イベント、ドアーズオープン!
この期間だけの貴重な機会に、トロントの歴史を感じませんか?


<概要>

Doors Open Toronto (ドアーズ・オープン・トロント)とは、トロント内の様々な建物が一般に開放される、今年で 18 回目を迎えるイベントです。
毎年 2 日間にわたって開催され、この期間は普段一般公開されていない歴史的な建築物や個人の所有している家屋、最新のコンテンポラリービルディング、工業地帯や庭園など、150 もの施設に自由に出入りできるようになります!
この Doors Open は 2000 年を記念してトロントで第一回が行われ、現在はカナダ国内の様々な場所に派生して開催されています。
今年は、カナダ建国 150 周年を記念して開催されているトロント市の特別イベント “TO Canada with Love” の一環として、『トロントの建築物の発展』にスポットライトを当てるそうですよ。
・TO Canada with Love のHPは→こちら


<開催期間>

2017 年 5 月 27 日(土)、28 日(日)の 2 日間です。
*建物によっては、1 日しか入れない場所があります。


<開催地>

これまでに、1800 年代に建築された建物や、Toronto City Hall(トロント市庁舎)、カナダで2番目に古い Lighthouse(灯台)などが開放されてきました。
もちろん、古い建物だけでなく、最近建てられた近代的なビルの中にも入ることができます。
普段通りかかっていて、「一体中はどうなっているんだろう?」と思っていたビルも参加しているかも!!
今年の参加リストは→こちらから。
*建てられた年代や建物のタイプから検索できます!


<今年初参加の建築物>

毎年参加する建築物が増えており、今年は 50 以上ものビルが初お目見えします。
一部抜粋してみましたのでご参考に!

・Massey Hall
1894 年に建てられたビクトリア朝のコンサートホール。
最後に改装されたのは 1933 年で、アールデコ様式のデザインが楽しめます。
*28 日(日)の 1 日だけ開放。

・Rogers Communications – Toronto Campus
地下鉄Sherbourne駅近くに位置する、カナダ最大の通信会社 Rogers のビル。
大企業のビルの中の様子、スタッフのカフェテリアがどれだけ素敵か、色々気になりますよね~。

・St. Michael’s Cathedral Basilica
1848 年に建設されたゴシック様式の大聖堂。
トロントダウンタウンにある教会の中でもかなり古いものです。

・Tom Jones Steak House
ビクトリアスタイルのお洒落なステーキ屋さん。
1830 年代に建てられた時そのままのマホガニー材の壁や暖炉など、重厚な雰囲気が味わえます。

・TTC- Downsview Park Station/York
永遠に工事が終わらないと思っていましたが(笑)、TTC の Toronto-York Spadina ラインの二駅がついにオープン!
まだ本格的に利用できないので、Doors Open の二日間だけがチャンスです。
*27 日(土)の1日だけ開放。


<楽しみ方>

毎年かなりの数の建物、場所が参加するので、あらかじめお目当てのところをチェックしておくと計画的に回る事ができると思います。
また、ダウンタウン内でも様々な場所を回ることはできますが、少し離れた場所でもユニークな開催地がたくさんあるので、その日に合わせてレンタカーを借りて、少し遠出するのもいいかもしれませんね。


<注意点>

基本的に無料のイベントなので、特にパス等は必要なく全ての場所へ入場できるのですが、開催地によってそれぞれ禁止行為などが決まっていたり、写真も三脚不可やムービー不可など決まりがあるので気に留めておきましょう。
ちなみに写真に関しては、入場者によるフォトコンテストも開催されていますので、興味がある方は応募してみるのもいいかもしれません。


<まとめ>

長い冬をぬけて、ようやくやってきた暖かい季節。この貴重な機会にトロント散策も兼ねて街の歴史を感じてみませんか?
これまで気付かなかった街の、カナダの新しい一面を発見できるかもしれません。

著者紹介

上村 実月バリスタ/翻訳家
日本で出逢ったカナダ人と結婚し、ワーキングホリデーで渡航。その後、トロント市内の語学学校で半年間英語を猛勉強し、通訳翻訳の技術を身に付ける。現在は移民し、バリスタと翻訳家の二足のワラジを履いて生活している。
趣味のカフェ巡りとハイキングを通して、日々カナダを再発見。勉強や情報収集をしつつ長居できる図書館カフェをトロントに開くのが夢☆