なーんか体調悪いし、薬を飲んでも良くならない。
ついに、病院へ行く時が来たか・・・

病院の行き方

カナダ滞在中、病気をせず元気に過ごせたら最高ですが、気をつけていても体調が悪くなったり、怪我をしてしまうことがあります。
いざという時に備えて、カナダで病院へ行く時の手順をおさらいしておきましょう!
※情報は 2017 年 10 月現在のもの。


<カナダの医療事情>

日本で目が痛ければ眼科へ、肌荒れがひどい場合は皮膚科へ。
症状によって自ら専門医へかかる事ができますね。
しかし、カナダでは最初から専門医へかかる事ができません!!!!!
(私達日本人には衝撃の事実ですよね・・・)

すでにカナダに長期滞在をしていて「ファミリードクター」という「かかりつけ医」がいる場合は、まずそのかかりつけ医を受診します。
ファミリードクターがいない場合は、「ウォークインクリニック」と呼ばれる一般外来を受診します。
専門医にかかる場合は、ファミリードクターやウォークインクリニックのドクターが専門医での受診が必要と判断した場合のみ「紹介状」が送られ、その後にやっと専門医に診てもらう事が出来るのです。
何はともあれ、先ずは「ウォークインクリニック」での診察がスタートです。
※ 注:歯科については最初から一般歯科へかかる事ができます。


<ウォークインクリニックってどんなところ?>

留学生のほとんどは、最初に「ウォークインクリニック」で診察を受けます。
ウォークインクリニックは街のいたるところに沢山あります。
予約は不要ですが時間帯やクリニックによって待ち時間が違います。
運がよければ 10 分から 15 分程度の待ち時間で診察を受ける事ができますが、たいていの場合は待ち時間が長く、 2 時間待たされる事も珍しくありません。
これほど待ち時間が長いと体調を更に悪化させそうですが、辛抱強く待つしかなさそうです。。。

■ 診察の手順
① とりあえず受付けへ
初診かどうか、症状についての簡単な質問をされます。
ID の提示を求められるのでパスポートを忘れず持参しましょう。
クリニックによっては問診表をもらえるので、記入して受付けへ提出します。

② OHIP カード or 海外旅行保険証を提示
OHIP が無い場合は海外旅行保険証を提示して、保険加入している旨を伝えましょう。

③ 名前が呼ばれるまで待つ
長く待たされる事もありますが、順番が来るまで辛抱強く待ちましょう。

④ 診察開始
いよいよ診察です。ドクターに痛みの種類や症状を伝えます。
医療英単語は普段聞きなれないものが多いので、前もって自分の症状を簡単に説明できるよう単語を調べておく事をオススメします。

⑤ 診察終了
症状によっては薬を出してくれます。
市販の薬を勧められる場合もありますが、処方箋を出される事もあります。
その場合は処方箋を持って最寄のドラッグストアの薬剤師さんがいるカウンターへ処方箋を提出しましょう。

⑥ 薬の処方
薬剤師さんから薬についての説明がありますので、しっかり聞いて理解しましょう。

⑦ 最後にお支払い
キャッシュレスで診察できる病院ではお金の支払いは不要ですが、そうでない場合はまず自分で全ての支払いをする必要があります。
ドクターの診断書、診察代のレシート、薬を支払った際のレシート、などなど全てを保管しておきましょう。後に保険請求する際に必要になります。
保険によっては保険請求フォームにドクターのサイン等が必要な場合がありますので、
事前に保険請求についても確認しておきましょう。


<ウォークインクリニックの紹介>

ココでは駅から近く行きやすいウォークインクリニックをいくつかご紹介します。
予約は不要ですが事前に診察受付時間を確認してから行きましょう。
患者さんが多い場合はウェブサイトに記載してある診察受付時間よりも早く締切る事もあるので注意です。

・Albany Medical Centre
807 Broadview Ave. Toronto, ON.
TEL: 416-461-9471
http://www.albanyclinic.ca/
地下鉄 Broadview 駅から徒歩 5 分。新しいビルに引っ越したので施設は新しく綺麗。
上階には専門医のオフィスもあり必要であれば同じビルの中で検査もできる。
診察時間が長く日曜祝日も診てもらえる。

・MCI Medical Clinics Inc
245 Eglinton Ave. East Toronto
TEL: 416-488-1455
http://www.mcithedoctorsoffice.ca/
トロント市内の診察所の中の一つ。地下鉄 Eglinton 駅から東へ徒歩 10 分。

・BCML (Bay College Medical & Lockwood Diagnostic)
790 Bay Street Suite 108
TEL: 416-929-1900
http://lockwoodclinic.com/index.php
地下鉄 College 駅から徒歩ですぐにある好立地。
レントゲンや歯科、血液検査、薬局なども兼ね備えた 70 年以上の歴史がある総合クリニック。


<病院で使える英単語集>

症状を伝えなければ始まりません。因みに症状は Symptom です。
熱がある、寒気がする、咳が出る・・・などなどよく使う単語を集めてみました。
たいていは「I have a(n) + 症状」で通じます。
下記によくある症状をリストアップしてみました。

・熱 – fever
・頭痛 – headache
・腹痛 – stomachache
・下痢 – diarrhea
・喉の痛み – sore throat
・鼻水 – runny nose
・鼻づまり- stuffy nose
・インフルエンザ – Flu
・発疹 – rash
・感染 – infection
・関節痛 – joint pain
・アレルギー反応 – allergic reaction

この他にもその症状がどのくらい続いているのか、食欲はあるかなど、基本的な事は伝えられるよう頑張ってみましょう!

体が弱っている時は精神的にも辛く、ましてや見知らぬ土地だと不安も大きい・・・
そんな時は日本語医療通訳をお願いする事も出来ます。海外旅行保険でカバーされる場合が多いのでご加入の保険規約を確認しましょう。
日本語医療通訳については留学エージェントなどでも紹介してもらえます。


<緊急の場合(救急車の呼び方)>

救急車が必要な場合は「911」にコールする。
ココで注意したいのが、カナダで救急車を呼ぶ場合は有料です!(不必要な 911 コール防止のため)
以下に、救急車を呼んだときにかかる費用を載せています。

・OHIP 保持者:費用 $45
ドクターが急を要する状態ではなかったと判断した場合、$240 を請求される場合がありますので注意が必要です。

・OHIP非保持者 :費用 $240
海外旅行の保険でカバーされる場合もあるので、規約をよく確認する事が大切です。

救急車を呼ばなくても、平日の夜や土・日・祝日等に医師の診察が必要な場合は救急外来(Emergency)で診察を受ける事ができます。予約は不要で OHIP 保持者は無料です。
ただし、救急外来はかなり待たされるケースが多いのでそれなりの覚悟が必要です・・・
(長い時は 5 時間程度待たされる事も)


<医療保険について>

・オンタリオ州健康保険 – OHIP
カナダでは各州で独自の健康保険があります。
トロントがあるオンタリオ州では OHIP (Ontario Health Insurance Plan:オーヒップ)というオンタリオ州健康保険があり、オンタリオ州居住者、永住権保持者、または 6 ヶ月以上有効な労働ビザを持つ外国人労働者が加入する事ができます。
通常オンタリオ州に居住を開始してから 3 ヶ月後に取得資格が得られます。
OHIP 保持者は診察費、健康診断、治療、入院などの医療費がカバーされます。(条件により一部自己負担のものもあり)
OHIP についての情報は → こちら

・海外旅行保険 / 留学生医療保険
留学生やワーキングホリデーでカナダに滞在する人のほとんどは海外旅行保険、留学生医療保険に加入していると思います。
渡航前に加入する保険会社の海外旅行保険、クレジットカード付帯保険、現地の留学生向け医療保険、などがありますので自分の滞在スタイルに合わせて保険に加入しておきましょう。
自分が加入している保険の補償内容をしっかり確認しておく事が大事です。
保険によっては日本語の医療通訳を付けられたり、キャッシュレスで診察を受ける事が出来ます。


<まとめ>

いかがでしたか?
病院へは行きたくないですが、もしもの時の為にカナダの医療制度を知っておく事も大事ですね。
滞在中のに体調を崩したり怪我をしたり、経験はしたくありませんが誰の身にも起こりうる事です。
保険は無くても自分は大丈夫!と思う人もいるでしょうが、海外での治療費は高額になる事もしばしば。ちなみに、語学学校によっては保険加入の証明がないと入校が認められない場合もありますよ〜
何より、皆様が健康で楽しいカナダライフを過ごせる事が一番ですね!

著者紹介

大石 栄子2児の母

日本と違う文化や教育制度にとまどいながらもトロントで知り合った様々な人種のママ友との情報交換を楽しみながら子どもと過ごす毎日。

トロントでの保育士資格取得の為、勉強と子育ての両立に日々奮闘中!