紅葉シーズン、憧れのメープル街道の旅

メープル街道

photo by http://www.nikkeicl.co.jp/

カナダの国旗にも楓の葉がデザインされているように、カナダは楓を始め沢山の木々が9月ころから10月にかけて紅葉していきます。その紅葉を満喫できるルートとして有名なのがケベックシティからナイアガラまでの約800kmに及ぶ「メープル街道」です。
美しい紅葉を育む為には、日中の天気が良く、昼と夜の寒暖の差が有り、乾燥している気候のなかでもある程度の雨があることが必要です。カナダの気候はこも条件を満たしており、世界的にも賞賛を集める紅葉を楽しむことができます。
また寒い場所から紅葉が始まる為、ケベック州から始まり最終的にナイアガラまで紅葉が到達するまでに約1週間程度かかります。また高原などは都市部よりも紅葉が早いのも一般的です。
目安としてはケベック州の紅葉は9月中旬~10月初旬にかけて、オンタリオ州の紅葉は10月初旬~10月中旬にかけてが比較的見ごろになる可能性が高いようです。
(もちろん毎年紅葉の時期はずれが出ますので、こまめにニュースや行き先のウェブサイトをチェックしてくださいね。)


<お勧め紅葉スポット>

■ハイパーク(トロント市内)
→詳しい記事はこちら
トロントに住んでいる人ならお馴染みのハイパーク。地下鉄 Keel 駅から Runnymede 駅までまたがる巨大な公園で、中にはカフェや小さな動物園、プール、テニスコート、アイスリンクがあり、春には桜の木を囲ってのお花見も楽しむことができます。
大きな公園の中ではリスが目の前を飛び交ったり、紅葉した落ち葉の絨毯をギシギシと踏みしめて歩いてみたり、また誰が作ったのかはわかりませんが、顔の彫刻が施されている木などを目にしたりと、いろいろと新しい発見がいっぱいです。トロントの市内にあることも忘れそうなほど、のんびりとした時間を過ごす事が出来ます。

■ナイアガラ
→詳しい記事はこちら
ナイアガラの滝のイメージが強い為、紅葉のイメージがあまり無いナイアガラですが、この記事の始めにも書いたように、実はメープル街道にも組み込まれています!ナイアガラの滝と紅葉を一緒に眺められる景観は非常に贅沢なものです。またナイアガラの滝付近にあるナイアガラ・オン・ザ・レイクや各地ワイナリーなどに通じる道中も綺麗な紅葉を楽しむことが出来ます。
ただし、ナイアガラの滝付近を廻る場合は通常車か、ツアーへの参加が必要です。トロントからナイアガラの滝までの VIA 鉄道の道中も紅葉を楽しめる為、お勧めです。

■アルゴンキン州立公園
http://www.algonquinpark.on.ca/
トロントから約3時間半北東にある巨大な州立の公園です。大きさはなんと東京の3倍の大きさを有します。公園に入るためには29あるアクセスポイントに立ち寄り入園料を支払う必要があります。
主要同度のハイウェイ#60沿いの東西の公園のアクセスポイントには、観光案内所をかねている West Gate と East Gate が設けられており、ここで入園料を支払うのが通常です。
入場料:$15-17(季節により変わります。)
・行き方
アルゴンキン州立公園への行き方は、車かもしくは Parkbus という長距離バスを利用します。

■Parkbus
https://www.parkbus.ca/index
環境に配慮した、非営利目的での公共シャトルバスです。アルゴンキン州立公園以外にも郊外の州立公園等とトロント、オタワをつないでいます。
5月~9月まで営業しており、基本的には毎週末の運行です。2010年に始まったサービスの為、まだまだ便数は少ないですが、夏季は人気がありチケットが売切れてしまう事も多々あるので、早めに予約をしましょう。チケットの予約はオンラインでも可能です。
トロントのバス停は、York Mills 駅付近、College 駅付近、Dufferin 駅付近、Hwy400/Major MacKenzie です。またアルゴンキン州立公園の中でも7箇所の停留所があります。
行きたいポイントをチェックして、予約を行ないましょう。
料金:大人:$88(往復、入園料別)/4人以上の団体には割引有。

■キングストン
トロントから車で約3時間に位置するキングストン。オンタリオ湖のほとりにあり、セント・ローレンス川の始点となる街。1840年代には短い期間ではあったもののカナダ連邦の首都がおかれた古都。現在では避暑地としても愛され、高級別荘地としても有名です。川沿いの紅葉が素晴らしく、セントローレンス川の名物のサウザンド・アイランドを眺めながらのクルーズがお勧めです。
ボートクルーズ:1000 Islands Cruises
http://www.1000islandscruises.ca/index.cfm/language/japanese/
料金:$27.50~

・行き方
飛行機:Air Canada が運航。所要時間は約1時間。空港はダウンタウンから西の8キロ地点。ダウンタウンへはタクシーで$25程度。
長距離バス:Megabus と Greyhound が運行。所要時間は約3時間。ダウンタウンへは市バス#2、もしくは#18を利用($2.75/2015年現在)かタクシーなら約$10。
鉄道:VIA鉄道が運行。所要時間は約2時間半。ダウンタウンへは市バス#18を利用($2.75/2015年現在)かタクシーなら約$15。

■オタワ
カナダの首都オタワ。トロントに比べてこじんまりとした街ですが、フランス語と英語が交じり合い、各国の大使館が集まった綺麗な町並みです。街の至る所で紅葉が楽しめますが、見所はリード運河沿いにある遊歩道の紅葉です。
・行き方
飛行機:Air Canada、Porter と West Jet が運航。所要時間は約1時間。空港はダウンタウンから南の15キロ地点。ダウンタウンへは市バス#97($3.4/2015年現在)かタクシーなら$35程度。
長距離バス:Megabus と Greyhound が運行。所要時間は約5時間~6時間半。ダウンタウンへは市バス#1、もしくは#7を利用($3.4/2015年現在)かタクシーなら約$10。
鉄道:VIA鉄道が運行。所要時間は約4時間~5時間。ダウンタウンへは市バス#94、#95、#96を利用($3.4/2015年現在)かタクシーなら約$30。

■モントリオール(ケベック州
カナダで唯一のフランス語圏、ケベック州の一番大きな都市のモントリオール。北米のパリと言われるこの街はセント・ローレンス側の中洲に築かれています。モントリオールの街と紅葉を一望したい場合は、モン・ロワイヤル公園の展望台がお勧めです。
・行き方
飛行機:Air Canada、Porter と West Jet が運航。所要時間は約1時間15分程度。空港はダウンタウンから西の22キロ地点。ダウンタウンへは空港バス($10/2015年現在)かタクシーなら$40程度。
長距離バス:Megabus と Greyhound が運行。所要時間は約6時間半。バスターミナルはダウンタウンの地下鉄 Berri-UQAM に直結。
鉄道:VIA 鉄道が運行。所要時間は4時間半~6時間。Central Station はダウンタウンの中心にある。地下鉄オレンジラインの Mont-Royal 駅から市バス#11に乗車。展望台へは2番目のバス停で下車し、徒歩5分。

■ケベックシティー
ケベック州の州都のケベックシティ。大都市モントリオールと異なり、英語を話せる人口がグッと減ります。文化もヨーロッパ文化が色濃く残り、石畳の道や石造りの建物などタイムスリップをしたような間隔に陥るような⑨市外は世界文化遺産としても登録されています。
旧市街からはセント・ローレンス川を眺めながら、紅葉を楽しむことが可能です。
・行き方
飛行機:Air Canada、Porter と West Jet が運航。所要時間は約1時間40分程度。空港はダウンタウンから南西の15キロ地点。ダウンタウンへはタクシーで$34.25(一律/2015年現在)。
長距離バス:モントリオールから運行。Orleans Expressという急行バスで約3時間。
旧市街までは市バス#25、#125($3.25/2015年現在)で行く事が可能。タクシーなら$7-$10程度。
Orleans Expresshttp://www.orleansexpress.com/fr/
鉄道:VIA 鉄道が運行(モントリオールで乗り継ぎ)。所要時間は9時間。Gare du Palais(パレ駅)から旧市街までは徒歩で15分だが坂道の為少し辛いかも。。。長距離バスのバス停と近いため、バス停から市バス#25、#125を利用する事も出来る。タクシーなら$7-$10。

■ロレンシャン
モントリオール北部にあるリゾート。最も美しい紅葉とも評されるこのリゾートは美しい街が複数あり、そのいくつかを周るのもよし、一箇所だけにゆっくり滞在をするのも良しです。一箇所だけ滞在する方は、この高原の最奥に位置するモン・トランブランがお勧め。モン・トランブランはリゾート地として開発されており、山頂までゴンドラで移動する事も可能。またゆっくりと歩いて紅葉を楽しみたい方は、トレイルを歩くのもお勧めですが、急な坂も多い為体力勝負!体力に自信がない方はゴンドラ付近を歩いて周れる、散歩道を楽しむことも出来ます。
ゴンドラの下ではホテルやレストラン、ブティックも楽しめ、ゆっくりと一泊するのもお勧めです。
山頂からは紅葉だけではなく、カラフルな建物も楽しめ、まるで絵の中にいるような景色が楽しめます。
・行き方
長距離バス:モントリオールから運行。Galland の長距離バスで約3時間。モン・トランブランまでの直通もあり。
Skyport がモントリオールの国際空港からモン・トランブランまで直通バス、Mt-Tremblant Express を運行。所要時間1時間30分。
*私自身はツアーを利用してモン・トランブランに一泊しましたが、ゆっくりと紅葉を楽しめ、いろいろとガイドさんから説明も聞くことができ、非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました!


<まとめ>

カナダに長期滞在している方は、ゆっくりと紅葉のタイミングを見極めながら、旅行の計画をたてることがお勧めです。しかし日本からの短期旅行の方は見込みでの計画しか立てられないのが、紅葉狩りの旅の難しいところですね。
紅葉のタイミングが合えば勿論それに越した事はありませんが、時期がずれてしまってもカナダの雄大な自然は圧巻です!色々な都市で紅葉を追いかけてみるのもよし、一つの都市でどっしりゆっくり紅葉を待つのも良しです。自然に身を任せ、癒しの旅を楽しんでくださいね!

著者紹介

木村 美恵旅行会社勤務
元々の旅行好きが転じ、ワーキングホリデー後にカナダのカレッジでツアリズムを学ぶ事を決心。2年間激貧生活の中なんとか気合でカレッジを卒業し、旅行会社で勤務。カナダ人に囲まれながら奮闘して、ついに大好きなカナダで念願の移民を取得。
プライベートでもやはり旅が大好きな為、いつでも実現できるよう貯金と計画中。同時にトロントの中でも、もっと新しい側面を見つけることが出来るよう日々街を散策。