カナダといえばやはりコレ!☆メープルシロップ☆

maplesyrup

<メープルシロップってそもそも何?>

メープルシロップとはカエデの樹液を濃縮したもので、ホットケーキやワッフルにかけて食べる事でよく知られていますね。産地として最も有名なのはカナダ、ケベック州ですが、その他にもアメリカ、わずかですが何と日本でも生産されているんです!
メープルシロップが取れるカエデは何種かありますが、中でもサトウカエデから採取される物が最も高品質と言われています。採取シーズンは2月~4月頃、カエデの木に小穴を開け一滴、一滴バケツに採取します。気が遠くなる作業ですね。
濃縮前の樹液は「メープルウォーター」と呼ばれ、煮詰めて濃縮したものが「メープルシロップ」です。1本の木から約40リットル~70リットルの樹液が採取され、1リットルのメープルシロップを作る為には約40リットルの樹液が必要と言われています。


<メープルシロップの等級について>

maple-syrup-grades

カナダではシロップの透明度 (色の濃さ)によって、3つのグレードと(カナダNo.1、No.2、No.3)と5つのカテゴリー(エキストラライト、ライト、 ミディアム、アンバー、ダーク)に分類されます。それぞれ香りや風味が異なっており、一般的に透明度が高く味が繊細なほど高価です。

Canada No.1
透明度が高く、後味がスッキリ。市場に一番出回っているのがミディアム。

・Canada No. 1 – エクストラ・ライト(Extra Light:いわゆる一番絞りで最も高価)
・Canada No. 1 – ライト(Light:デザートのトッピングなどにお勧め)
・Canada No. 1 – ミディアム(Medium:カナダで最も一般的なグレード。
          コーヒーや紅茶にも合います)

Canada No.2 
強めの風味です。濃厚な風味が好みの方におすすめ。料理の隠し味などに。
・Canada No. 2 – アンバー(Amber:カナダでは調味料としても使われます)

Canada No.3 
かなり強めの風味で、最も安価です。加工用として使用される事が多いです。
・Canada No. 3 – ダーク(Dark:主に甘味材料として使用されます)


<メープルシロップの使い方>

樹液を煮詰めた天然の甘味料がメープルシロップです。煮詰める際に殺菌されるので乳児が食べても問題ありません♪
メープルシロップといえばパンケーキやワッフルにかけて食べるものと思いがちですが、それ以外にも沢山使い道があります。
・ヨーグルト、紅茶、アイスクリームにかけてよし。
・カマンベールチーズ+クルミ+クラッカー+メープルシロップで素敵なオードブルに。
・砂糖や蜂蜜の代用品としてお料理にも使えます。ドレッシングや煮物の甘み付けに。
・栄養価が高く低カロリーのメープルシロップで自家製スポーツドリンク。

食べる以外にもこんな使い道が、、、
・カサついた唇にメープルシロップを少量塗りラップでパック。つやつやになりますよ。
・入浴剤代わりに少量のメープルシロップをお風呂に。お肌しっとりです。


<購入時の注意点>

maplesyrup-fake

“メープル風味”、“ケーキシロップ”と表示されているものは混ざり物です。中にはコーンシロップにメープルの風味付けをした製品もあります。
購入の際には原産地と原材料100%メープルシロップかを確認しましょう!

(※日本語 ⇒ 英語訳)
※メープル風味 ⇒ Maple Flavored Syrup
※ケーキシロップ ⇒ Cake Syrup
※原産地:カナダ ⇒ Product of Canada / Produit du Canada
※原材料:100%メープルシロップ ⇒ Ingredients: 100% Pure Maple Syrup / Pure Maple Syrupなど


<メープルシロップの価格>

容器の形や素材、等級、またお店によって多少価格に変動はありますが、下記におおよその値段を記載しました。
・50ml ⇒ $3~$5 (主にお土産用の小ボトル)
・100ml ⇒ $6~$9 (主にお土産用の小ボトル)
・50ml ⇒ $10~$12
・500ml ⇒ $13~$15


<メープルシロップを送る際の注意点>

maplesyrup-bottle
ほとんどのメープルシロップが瓶で販売されていますが、瓶は割れやすく重いですよね(>_<)運送会社によっては割れ物は送れない場合もあります。そんな時は、プラスチック容器や缶に入ったものがオススメです。もちろん中身は瓶入りの物と変わりません。メープル形の瓶に入ったものをどうしても送りたい場合は、割れ物が送れるかどうか運送会社に確認して、割れないようにしっかり梱包しましょう。


<おすすめの購入場所>

お土産屋さんでは必ずと言っていいほどメープルシロップは購入できますがやはり割高です。現地のスーパーマーケットなどで販売している物はセールになる事もあるのでオススメです。
その他にSt Lawrence Market(North Market)で毎週土曜日に開かれるFarmers Marketに、“メープルシロップを専門に販売する農家”の方がいます。大きさ、等級、種類も豊富なので他では販売していない物もココで買える事があるかも!またSt Lawrence Marketではその他のカナダ土産も購入できますよ。


<まとめ>

カナダ=メープルシロップと言っていいほどお土産品として人気ですね。トロントの至る所で売られていますが、中には模造品なども。。。表示をしっかり確認して品質の良いものを購入しましょう。
またお土産としてお友達に渡す際には現地でどのように食されているか、ちょっと変わった食べ方なども教えてあげてみてはいかがでしょうか?

著者紹介

大石 栄子2児の母
日本と違う文化や教育制度にとまどいながらもトロントで知り合った様々な人種のママ友との情報交換を楽しみながら子どもと過ごす毎日。
トロントでの保育士資格取得の為、勉強と子育ての両立に日々奮闘中!