11 月になると、なぜ赤い花のバッジを付けるの?

リメンバランスデー

最近街中で胸元に赤いお花のバッジをつけている人を見かけませんか?
初めてカナダに来た時には「おしゃれでやっているのかな?」と思っていました。
今回はこの赤いお花と「リメンバランスデー」についてご紹介していきます^^


<リメンバランスデーとは>

11 月 11 日の「リメンバランスデー」はカナダの祝日です。
リメンバランスデーとは日本語に訳すと「戦没者追悼記念日」や「休戦記念日」。
歴史が深く、カナダ国民にとって大切な祝日となっています。

1918 年 11 月 11 日に第一次世界大戦の休戦協定が結ばれたことを受けて、第一次世界大戦以降に亡くなった軍人たちに敬意を払い、追悼をする日となりました。

当日は午前 11 時からショッピングモールやスーパーなど国内のいたるところで 2 分間の黙とう (Wave of Silence) が行われます。
そして多くの人が胸元につけるバッジは、赤いポピーの花がモチーフとなっています。
この花が象徴となった理由について以下に紹介しますね☆
*ポピーは日本語で「ヒゲナシ」と呼ばれています。


<赤いポピーのバッジについて>

リメンバランスデーのシンボルが、なぜ赤いポピーなのかというと・・・
第一次世界大戦後、激戦区となった場所で一面を埋め尽くすほどの赤いポピーが咲いたという記録が残っていたことから、象徴花となりました。
下記のリンクに詳しいエピソードが載ってますので、興味があれば参考にして下さい。
http://www.legion.ca/remembrance/the-poppy/history-of-the-poppy


<ポピーのバッジの入手場所>

入手場所は、スーパーなどの多くのお店や街頭で、募金をすると貰うことができます。
募金額の相場は 1 ドルか 2 ドルほどですので、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか!

集められたお金は医療などの研究費や、退役軍人への経済的援助に充てられます。
バッジをつける期間は 10 月の末ごろから当日までとなっており、祝日が終わると記念碑にお供えをするのが風習となっています。

今年のリメンバランスデーは 11 月 11 日。その日までは胸元にバッジを付けた人を街でたくさん見かけると思います。
みなさんも見かけたら買ってみて下さいね^^


<リメンバランスデーのイベントについて>

オタワでは大きな式典などがあるようですが、トロントでは小規模なセレモニーや黙とうが各地で行われます。下記のサイトにはイベントの案内などが告知されています。

・CTV NEWS TORONTO
http://toronto.ctvnews.ca/5-remembrance-day-events-in-toronto-1.2652218

・Veterans Affairs Canada
http://www.veterans.gc.ca/eng/remembrance/get-involved/remembrance-day/events

「戦没者追悼記念日」のイベントですので、お友達と出かけて盛り上がるような華やかなものではありません。周りの参加者の方への配慮を忘れないようにしてくださいね。


<注意点>

・オンタリオ州ではリメンバランスデーは、休日ではありませんので注意して下さい。
・レストランやスーパーなどは閉店しているか、早く閉まる場所が多いです。
・黙とうの時間は TTC などの交通機関も 2 分間停車します。
 *黙とうのために停まるだけですので、安心してください。

・黙とう中はお友達との会話も中断して、静かに過ごされるようにしてください。


<まとめ>

いかがでしたか?
リメンバランスデーをきっかけに、カナダの歴史について再度勉強して、平和について考えるなどしてみてはいかがでしょうか。

著者紹介

トロント 留学生
トロント 留学生

「有益な情報を伝えたい!」という想いを胸に結成されたグループ。
メンバーの大半はトロントに来たばかりの留学生で、みんなで協力しながら記事の内容を考えています!
他の著者とは少し違った視点で、情報をお伝えしていきます(^^)