3 月 17 日 St.Patricks’ Day は、街が緑色一色に?!

セントパトリックスデー

バレンタインが終わると、$1 ショップやスーパーマーケット(ダララマ)で緑の飾り付けや、商品が目につくようになります。
日本ではなかなか目にすることが無い光景なので、はじめは「何事??」と思いましたが、実はこの緑の飾りたちはトロントだけではなく、世界の都市で盛大に祝われる St.Patrick’s Day の為に用意されたものなんです☆

で、St.Patrick’s Day って何??という方も沢山いらっしゃると思いますので、今回は St.Patric’s Day についてご案内しますね。


<St. Patrick’s Day とは?>

St.Patrick’s Day はアイルランドにキリスト教を布教した、聖パトリックの命日の 3 月 17 日です。
アイルランド発祥のイベントですが、今や世界中に広がっています。
パトリックはイギリスのウェールズの出身で少年時代に海賊に誘拐され、アイルランドに売られてしまいました。アイルランドの滞在期間に神の声を聞き、一度故郷のウェールズに逃げ帰り進学を学んだパトリックは、その後アイルランドで布教活動を行い、多くの教会を立てました。また、賛美歌の作者としても有名です。
彼は布教の際にクローバーに似た三つ葉のシャムロックを使い、『三位一体』を説いたころから、シャムロックはパトリックの象徴として知られるようになりました。


<緑のテーマカラー>

St.Patrick’s Day のテーマカラーは緑です。
この日だけではなく、3 月になると街中いたるところで緑の装飾品を目にします。
では、なぜこの日を緑で祝うようになったのでしょうか?

この緑のカラーには色々な説があります。いくつかご紹介しますね。

① 緑はアイルランドの国旗の中の色の一つであり、アイルランドの歴史の中で革命者たちの旗の色としても頻繁に用いられたから。
② アイルランドはその豊かな緑溢れる土地を持つことから、『エメラルド アイルランド』と呼ばれているから。
③ パトリックの象徴であるシャムロックの緑色を採用した。


<St.Patrick’s Day の行事>

■ パレード
トロントでは毎年St.Patrick’s Dayに近い土曜日にパレードが開催されます。
このパレードは多くのマーチングバンドが参加し、盛り上げてくれます。伝統的な衣装に身を包んだマーチングバンドの演奏は一見の価値ありです!
また昨年よりの St.Patrick’s Day では、Ginger 達がパレードに参加します。
Ginger とは赤髪(オレンジっぽい色の髪)の人たちのニックネームで、なんと人口の 1~2 パーセントの割合でしか生まれることが無いそうです。そんな赤髪さん達が集まってのパレードはなんだか、ありがたいですね。。。。(ちなみに Ginger になりきっての参加もありみたいです。)

・パレード開催日:2017 年 3 月 19 日(日)12時 ~
パレードの情報はこちら→ http://stpatrickstoronto.com/
パレードのルートは下を確認して下さい!
パレードのルート

■ St.Patrick’s Day 当日のイベント(3 月 17 日)
緑色のビールSt.Patrick’s Day 当日は皆で緑のコスチュームもしくは小物をまとい、Irish Pub に出かけるのが一般的です。
ここでぜひ試していただきたいのが、緑色のビール!味は全く変わりませんが、大胆にもビールを緑に着色して提供されます。(気持ち悪い。。。という方は、もちろん普通のビールも頼めます。)
同じものを共有すると親近感もでるのか、お店中の緑のコスチュームに身を包んだお客さん達はいつも以上にフレンドリーな気がします。逆に緑をつけていない方が恥ずかしい位の気持ちになってしまいます。。。

■ アイルランドの伝統的な料理
アイルランド人が開くホームパーティーに行くと、マッシュポテトにケールやキャベツを加えたコルカノンと呼ばれるアイルランドの伝統的料理が振る舞われます。
コルカノン

または、アイリッシュシチューと呼ばれるラム、ポテト、たまねぎ、パセリが入った料理を振舞ってもらえるかもしれません!アイリッシュシチュー


<まとめ>

日本ではまだまだ余り耳にしない行事ですが、北米、南米、ヨーロッパでは非常に大きなイベントの St.Patrick’s Day です。お祭り大好きなトロントっ子に混じって、緑のビールを堪能しましょう。
アイルランドの人達は酒豪で有名です!楽しくお友達を作りながらも、飲みすぎには注意してくださいね☆

著者紹介

木村 美恵旅行会社勤務
元々の旅行好きが転じ、ワーキングホリデー後にカナダのカレッジでツアリズムを学ぶ事を決心。2年間激貧生活の中なんとか気合でカレッジを卒業し、旅行会社で勤務。カナダ人に囲まれながら奮闘して、ついに大好きなカナダで念願の移民を取得。
プライベートでもやはり旅が大好きな為、いつでも実現できるよう貯金と計画中。同時にトロントの中でも、もっと新しい側面を見つけることが出来るよう日々街を散策。