無料ライブも満載!
ジャズ好き必見のミュージックフェス!

Toronto Jazz Festival

トロントで毎年開催される恒例の Jazz イベント。
2017 年の今年は 31 年目を迎えるロングランイベントなのです!

ジャズ好きの方はもちろん、「ジャズってよく分からない……」という初心者の方でも楽しめる10日間です。


<Toronto Jazz Festivalとは?>

1987 年に始まったジャズイベント。
今では世界各地から 1500 名以上ものアーティストが集まり、トロント市内の約 50 箇所、小さなジャズバーから大きなコンサート会場まで、合わせて 2000 回もの演奏が行われるほど。北米最大規模のジャズイベントとして知られています。


<開催期間と開催場所>

開催期間:2017/6/23(金) 〜 7/2(日)の 10 日間
ジャズバーやカフェであったり、教会の中や図書館であったり、または街中の公園や観光名所であったり…。トロント市内各地がジャズライブ会場となります。
今年は Yorkville エリアを中心に開催されます。
バーやレストランではドリンクやお食事代はかかりますが、ライブミュージックを楽しむための入場料は無料(No cover / Free Admission)ということも多いです!

この 10 日間のために特設される野外ステージ、Don Mills Public Library(図書館!!)や Church of The Redeemer(教会!!)などに出現する特設ステージ、市内各地の様々なステージが無料(Free Admission)というのも嬉しいです♪
会場によって開催時間は異なりますので、ウェブサイトでご確認を。
パフォーマンスのスケジュールはこちらから!


<フェスティバルの楽しみ方>

■無料ライブのハシゴ!
トロントも夏真っ盛りになる時期です。無料の野外ステージを回りましょう!レストランやバーと異なり、ドリンクや食事をオーダーする必要もないので、本当に“タダ”です!
今年から、お洒落な Yorkville エリアに 3 つの野外ステージが設営されます。
① OLG Stage on Cumberland 、住所:115 Cumberland Street
② OLG Stage on Hazelton Ave 、住所:Hazelton Avenue at Scollard Street
③ OLG Stage on Yorkville Ave 、住所:Yorkville Avenue at Bellair Street 

■世界的に有名なアーティストの演奏を聴きに行く
Jazz Bistro や Sony Centre、Koerner Hall TELUS Centre では、世界的に活躍しているジャズアーティストがやって来ます。チケットは $20~ とお手頃です。
★6 月 28 日(水)に開催される日本人アーティストの上原ひろみさんと、ハープ奏者のEdmar Castanedaさんとのコラボレーションも必見です。チケットは $45~と安めの席もあるので早めにご購入を!
http://torontojazz.com/concerts-day/2017-06-23


<入場料>

ほとんどのステージが無料です。(入場時に支払いが必要なケースもあります。)
有料パフォーマンスはオンラインでチケット購入が可能($20~)。
*会場によって購入サイトが異なりますので、リンクからチェックしてください。


<注意点>

■ID チェック
ライブ会場やジャズバーなどでは入場の際に ID チェックが入ります。必ず、パスポートやオンタリオ免許証オンタリオフォトカードを持参して下さい。

■アーティストへの Tips
入場料がかからない No Cover のパフォーマンスの場合、終了後にアーティストへのTips(チップ)を求められることも。
$5 など、気持ちだけで良いので渡しましょうね。


<まとめ>

夏は午後 9 時以降でも日が落ちないトロント。野外イベントが沢山開催される時期です。
ウィットに富んだジャズの調べを楽しみながら、トロントの街をそぞろ歩き、なんて素敵ですよね。ちょっと大人のトロントを味わってみて下さい。

著者紹介

上村 実月バリスタ/翻訳家

日本で出逢ったカナダ人と結婚し、ワーキングホリデーで渡航。その後、トロント市内の語学学校で半年間英語を猛勉強し、通訳翻訳の技術を身に付ける。現在は移民し、バリスタと翻訳家の二足のワラジを履いて生活している。

趣味のカフェ巡りとハイキングを通して、日々カナダを再発見。勉強や情報収集をしつつ長居できる図書館カフェをトロントに開くのが夢☆