入国制限や語学学校の対応など、留学関連の情報を整理しています

カナダの国旗

3月18日より、カナダでは日本人を含む外国人の入国禁止措置が取られています。また、トロントの属するオンタリオ州ではレストランなどが営業を休止するなどコロナウイルスの被害拡大防止に向けた対策が取られていました。
このページではカナダ政府・オンタリオ州・トロント領事館・日本外務省などから得られた最新情報をまとめています。トロント留学準備中のみなさんも、既にトロントにいらっしゃる方も、最新情報を入手して大変な局面を乗り切りましょう!

時系列でのまとめ

3/16: 3月18日からカナダへの入国制限を開始することを発表
3/18: カナダ入国制限開始 *期限は未定
3/18: 3月21日からヨーロッパから日本への入国制限を開始することを発表
 *カナダは対象となっていないため、日本人留学生がカナダから帰国しても入国禁止の対象となりません
3/19: カナダ・米国間の不要不急の渡航の一時的制限は20日(金)の夜に開始される旨を発表しました。

3/20: カナダ連邦政府は、渡航制限を発表した際に免除対象としていた者(カナダ人や永住権保持者など)に加えて新たな免除対象者を発表しました。
・農業労働者,漁業労働者,介護者,その他すべての有期外国人労働者(temporary foreign workers)
・2020年3月18日に渡航制限が実施された時点で、有効な留学許可証を保持していた、または留学許可証の承認を受けていた留学生

3/22: オンタリオ州政府は、生活に必須ではない業種(Non-Essential Services)の営業禁止措置を発表。Non-Essencial Serviceに当たる業種については、23日の23:59より2週間営業停止となります。

3/26: CIC(カナダ移民局)は、現在実施されているカナダへの渡航制限措置について6月30日まで継続する旨を発表しました。一部の免除対象者を除き、有効なビザや、eTAを持っている方の空路での入国も認められていません。また、免除対象者もカナダ入国後14日間の自己隔離が法令で義務づけられています。

3/28: フォード・オンタリオ州首相は、5人以上の不要不急の集会(non-essential gatherings)を禁止することについて閣議で協議し承認されました。

3/30: フォード・オンタリオ州首相は、州内の緊急事態宣言を4月13日まで延長することを発表しました。

3/31: オンタリオ州政府は、緊急事態・市民防護法に基づき、警察官等の当局から身分証の提示が求められる場合にその要請に応じることを義務付けました。外出の際はパスポートなどの身分証を必ず所持してください。要請に応じない場合は罰金が課される可能性もありますので御注意ください。

4/1: 日本政府は、新型コロナウイルス感染症対策として、カナダを含む49か国・地域からの日本人を含む入国者に対し、PCR検査の実施・検疫所長の指定する場所での14日間の待機・日本国内での公共交通機関を使用しないことを要請することを決定しました。

4/11: オンタリオ州は、州内の緊急事態宣言を4月23日まで延長することを決定しました。

4/14: オンタリオ州は、州内の緊急事態宣言を5月12日まで延長することを決定しました。

4/15: エアカナダの運航スケジュールが更新され、5月から運航再開が見込まれていたトロント・羽田線は、6月1日まで引き続き運航休止となりました。

4/17: カナダ政府は、航空機を利用する乗客に対し、マスク又は口と鼻を覆うことができるフェイスカバーを携帯することを義務化する旨を発表しました。鉄道やバスでの移動の際もマスクやフェイスカバーの使用が強く推奨されます。この措置は4月20日正午から実施されます。

4/23: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を5月6日まで延長することを発表しました。

4/27: オンタリオ州政府は、今後の経済活動等の段階的な再開のための枠組みを発表しました。

5/2: オンタリオ州政府は、経済活動再開のための安全指針を厳格に遵守することを条件に一部業種の営業再開を5月4日から認めると発表しました。

5/6: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を5月19日まで延長することを発表しました。

5/8: IRCC(カナダ移民局)がワーホリビザの渡航条件を変更しました。今後ワーキングホリデーで入国する方は、事前に有効なジョブオファー(雇用契約書)を企業からもらっている必要があります。

5/6: オンタリオ州政府は、安全指針を厳格に遵守することを条件に、営業を再開する業種の拡大を発表しました。

5/9: オンタリオ州政府は、5月11日から州立公園及び保護区を日中の利用に限り開放することを発表しました。

5/12: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言を6月2日まで延長することを決定しました。

5/14: オンタリオ州は、経済活動再開計画の第一段階として5月16日から再開できる業種を発表しました。
カナダ政府は6月1日から一部の国立公園を限定的に再開することを発表しました。

5/19: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を5月29日まで延長することを発表しました。また同日から屋外レクリエーション施設の一部を再開することを発表しました。

5/27: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を6月9日まで延長することを発表しました。

5/29: トーリー・トロント市長は、大手企業や大学と協議し、少なくとも9月までは可能な限り在宅勤務を行うこと、職場での勤務を再開する際は従業員を段階的に戻すとともに、時差通勤を行うことについて合意したことを発表しました。

6/1: トロント・ピアソン国際空港は、すべての利用者に対して、ターミナル内では常時マスクまたはフェイスカバーを着用することを義務付けました。また、ターミナル内の密集を防止する観点から、乗客以外のターミナル内への立入りを認めないことを発表しました。

6/2: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言を6月30日まで延長することを決定しました。

6/8: オンタリオ州政府は、6月12日からトロント・ピール・ヨークなどの地域を除く州内で経済再開計画第二段階に移行することを発表しました。また、同じく6月12日から、公共イベント・集会の制限人数を州内全域で5名→10名に緩和することを発表しました。

6/17: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を6月30日まで延長することを発表しました。

6/22: オンタリオ州は、6月24日からトロントおよびピール地域を経済再開計画第二段階へ移行することを発表しました。

6/24: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言を7月15日まで延長することを決定しました。

6/27: オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を7月10日まで延長することを発表しました。

6/30:トロント市は、7月7日から屋内公共スペースにおいてマスク等の着用を義務化することを発表しました。

7/9:オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を7月22日まで延長することを発表しました。

7/13:オンタリオ州政府は、7月17日(金)から、トロント・ピール。ヨーク等の地域を除く州内で、経済再開計画第三段階に移行することを発表しました。

7/16:オンタリオ州政府は、緊急事態宣言の下で講じられてきた措置を7月29日まで延長することを発表しました。

7/24: 緊急事態宣言は7月24日に終了しましたが、州内ではこれまで緊急事態宣言の下で適用された新型コロナウイルス感染拡大防止の措置(集会人数の規制・再開できるビジネスの規制など)は30日間延長され、引き続き適用されています。

7/31: オンタリオ州政府は、レストラン・バー等の飲食施設において顧客の安全を確保するための措置を実施することを決定しました。

8/10: オンタリオ州政府は、ウィンザー・エセックス地域を8月12日から経済再開計画第3段階に移行することを発表しました。 これをもって州内の全ての地域が第3段階に移行することになります。

8/14: カナダ政府はカナダ・米国間の国境制限を9月21日まで延長すると発表しました。

8/20: オンタリオ州政府は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に講じられている措置を9月22日まで延長することを発表しました。

カナダ政府の方針

トルドー首相のスピーチ

入国制限

2020年3月16日、トルドー首相は新型コロナウイルス対策として、カナダ国籍者及び永住者以外(航空機の乗務員・外交官・カナダ国籍者の家族・米国籍者を除く)の入国を3月18日正午から禁止すると発表しました。また国籍にかかわらず、新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる症状のある方はカナダ航空機に搭乗できなくなります。
さらに、3月18日から国際線を受け入れる空港をトロント・モントリオール・バンクーバー・カルガリーに限定することもあわせて発表しました。
(3月26日発表)この制限は6月30日まで続く予定です。

(3月22日発表)
政府の発表により、ワーホリビザ・学生ビザを持っている方は入国できることになります。
ただし現在も語学学校が休校になっていたり、レストランも休業中で職探しが難しいので、渡航予定は慎重に立てましょう。

(5月8日発表)
今後ワーキングホリデーで入国する方は、事前に有効なジョブオファー(雇用契約書)を企業からもらっている必要があります。

生活における制限

2020年3月17日、フォード・オンタリオ州首相は、緊急事態管理・市民防護法に基づき州内の緊急事態宣言を発令しました。

緊急事態宣言は7月24日に終了しました。
ただし、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に講じられてきた措置(集会人数の規制、再開できるビジネスの規制など)は州内でき続き適用されています(9月22日まで)

【3月31日追記】
オンタリオ州保健省は、以下の必要不可欠な外出を除き自宅に待機することを強く呼びかけています。

・医療へのアクセス
・食料品の調達
・薬局での薬の受け取り
・必要な場合のペットの散歩
・健康上の影響を受けやすい者の上記のニーズに対する支援
また、必要不可欠な外出であっても可能な限り回数を減らし、外出の際は他人から物理的な距離(2メートル)を取ることを求めています。

【4月1日追記】
オンタリオ州政府は、緊急事態・市民防護法に基づき、警察官等の当局から身分証の提示が求められる場合にその要請に応じることを義務付けました。現在出ている「5人以上の集会の禁止」「自宅待機」などの緊急発令を強化するための措置となります。食料の調達などのやむを得ない外出の際などにはパスポートなどの身分証を必ず所持してください。要請に応じない場合は罰金が課される可能性もあります。

【6月9日追記】
6月12日からトロント・ピール・ヨークなどの地域を除く州内で経済再開計画第二段階に移行することを発表しました。第二段階では、レストラン・バーの屋外営業や美容室などの営業が許可されますが、トロント・ピール・ヨークなどの都市部は、第二段階の対象外となっています。

【6月22日追記】
6月24日からトロント・ピールを経済再開計画第二段階に移行する追加地域とすることを発表しました。第二段階では、レストラン・バーの屋外営業や美容室などの営業が許可されます。
営業が再開となる業種はこちら(オンタリオ州公式サイト)をご覧ください。

【6月30日追記】
トロント市では、7月7日から屋内公共スペースにおいてマスク等の着用が義務となります。外出の際にはマスクを忘れないようにしましょう。

【7月20日追記】
第3段階に移行する地域では、適切な安全衛生対策を講じることを前提に、
ほぼ全てのビジネス及びサービスの再開が認められます。
一方で、人々が密集しやすくソーシャルディスタンスを確保することが難しいかったり
感染予防のための清掃が困難な以下の場所については、感染拡大を防ぐため引き続き閉鎖されます。

・遊園地、ウォーターパーク
・ビュッフェ形式の飲食サービス
・レストラン、バーでのダンス(飲食施設に雇われたミュージシャンやダンサーによるパフォーマンスは除く)
・宿泊を伴う子供向けキャンプ
・個室カラオケ
・長時間の身体的接触が発生するスポーツ(レスリングなど)
・サウナ、蒸し風呂、銭湯、酸素バー
・カジノ等での卓上ゲーム

また、屋内での集会は最大50人まで、屋外での集会は最大100名まで可能となります。

営業再開となる業種

3月24日の23:59より生活に必須ではない業種(non-essential services)が営業禁止となります。期間中も営業を続けられる業種のリストについてはこちらから確認できますが、医療・小売り(スーパー・薬局など)・飲食店(持ち帰り・配達のみ。店内飲食は不可)など生活に欠かせないビジネスのみ営業が許可されています。
期間は延長され、この措置は6月30日まで続きます(以降も延長の可能性あり)が、オンタリオ州経済活動再開計画に基づき、5月8日より営業再開の許可がおりた業種が随時追加されています。

5月4日から営業再開〉
・園芸センター、園芸店(路面での販売、配達のみ)
・芝の維持管理、造園業
・建設事業で以下に関連するもの(配送、物流、放送、通信、デジタルインフラ、物品の運搬やサービスの改善に資する事業、地方自治体による事業、学校、公共サービス用・商業用・工業用・住居用の開発に係る整地、掘削など)
・自動式及びセルフ式の洗車
・予約制による自動車販売
・ゴルフ場の一般開業に向けた準備(一般の利用は不可)
・マリーナの一般開業に向けた準備(一般の利用は不可)

5月8日から営業再開〉
・園芸センター、種苗店(5月8日から店内での支払・購入が可能)

5月9日から営業再開〉
・ホームセンター、安全用具店(5月9日から店内での支払・購入が可能)

5月11日から営業再開〉
・路面小売店(道路に面した出入り口のある小売店)(路面での販売または配達のみ)
・集合住宅の建築現場
・一部の州立公園や保護区(日中の利用のみ、洗面所・水飲み場・キャンプ場などは引き続き閉鎖されているのでご注意ください)

5月16日から営業再開〉
・ゴルフ場
・レクリエーション目的のマリーナ、ボートクラブ、波止場
・私営の公園やキャンプ場(季節開業に向けた準備または通年契約者による入場のみ)
・乗馬などの動物に乗るビジネス

5月19日から営業再開〉
・小売店
※道路に面した出入口がある路面店のみでショッピングモール内の店舗は営業不可。入店人数の制限や入店予約によりソーシャルディスタンスを適切に確保できる場合に限る。
・個人競技または単独競技用の運動施設
・トリミング等の動物関係サービス、獣医
・家事代行サービス(家政婦、清掃など)
・すべての建設工事
・保健・医療サービス

・屋外スポーツ施設、多目的運動場
・ドッグラン
・屋外ピクニックサイト
・公園やレクリエーションエリアのベンチや屋根付きの休憩所
(遊び場・遊具・フィットネスセンター・スイミングプール・水浴び場は引き続き閉鎖されています)

〈 6月24日から営業再開〉
レストランやバーのパティオ営業・美容室・スイミングプール・ビーチなどが再開となります。詳細のリストは営業が再開となる業種はこちら(オンタリオ州公式サイト)をご覧ください。

〈 7月31日から営業再開〉
経済活動再開計画第3段階に移行した地域は、ほとんど全てのビジネスの営業が許可されました。
一部営業が許可されていないビジネスについてはこちらまたはオンタリオ州の公式サイト(英語)をご確認ください。

Q&A

Q and A

カナダに留学の予定があります。入国はできますか?

2020年3月18日より、日本人を含む外国籍の方の入国禁止措置が取られているため入国ができません。

3月22日の政府の発表により、ワーホリビザ・学生ビザを持っている方は入国できることになります。ただし現在も語学学校が休校になっていたり、職探しも難しいので、渡航予定は慎重に立てましょう。

(5月8日追記)
IRCC(カナダ移民局)がワーホリビザの渡航条件を変更しました。今後ワーキングホリデーで入国する方は、事前に有効なジョブオファー(雇用契約書)を企業からもらっている必要があります。詳しくはこちらの記事をご確認ください。

カナダへの渡航を延期すべきですか?

はい、コロナウイルス収束がいつになるか分からないので秋以降へ渡航を延期されることを強くお勧めします。

延期をするなら何月以降に変更すべきでしょうか。

入国禁止措置が解かれるタイミングがいつになるかは状況次第ですが、可能であれば秋以降に延期されることをおすすめします。

語学学校には通えますか?

トロント市内のほとんどの語学学校が現在も休校となっており、学校には通っていただけません。
(8月26日変更)8月下旬~9月にかけてトロント市内の語学学校の多くが対面授業を再開する予定です。それぞれの学校の対応については、学校またはご利用中の留学エージェントにお問い合わせください。

渡航を延期する場合、どのような手続きが必要になりますか?手数料はかかりますか?

語学学校や留学エージェントでは渡航の延期については無料で対応しているところが多いです。具体的な内容については、申し込みをした語学学校・エージェントに問い合わせをしてみましょう。

渡航を延期したら、ワーホリビザ(学生ビザ)許可レターの入国期限に間に合いません。どうしたらいいですか?

渡航を延期するとワーホリビザ・学生ビザの入国期限を越えてしまうという方は、下記のウェブフォームより問い合わせをして期限を延長してもらうようにしましょう。
申請は入国期限が切れる1ヶ月前から可能になります。
https://www.cic.gc.ca/english/contacts/web-form.asp

またトロントでバイオメトリクスの予約をされていた方は、バイオメトリクス採取施設の営業休止により予約がキャンセルされています。日本のバイオメトリクス施設も一時閉鎖となっています。
バイオメトリクスの採取期限はレター到着後30日以内ですが、現在は90日以内と延長の措置が取られていますので、バイオメトリクス施設が受付を再開してから再度予約をするようにしましょう。

バイオメトリクス期限延長のお知らせ

今カナダにいます。もうすぐ帰国ですが、日本には戻れるのでしょうか?

今のところカナダから日本に戻る方への入国禁止措置や帰国後の隔離措置などはありませんので、日本国籍の方は通常通り入国できます。

(4月1日変更)日本政府は、新型コロナウイルス感染症対策として、カナダを含む49か国・地域からの日本人を含む入国者に対し、4月3日以降、PCR検査の実施・検疫所長の指定する場所での14日間の待機・日本国内での公共交通機関を使用しないことを要請することを決定しました。入国禁止措置では無いので、日本には戻れますが、帰国後14日間は自宅やホテルに待機する必要があります。

今カナダにいて日本に帰国しようと思います。地方都市に住んでいますが、どのように家まで帰ったらいいですか?

4月3日以降カナダから帰国する日本人の方も、帰国後14日間は検疫所長が指定する場所に待機する必要があります。『検疫所長が指定する場所』とは自宅やホテルが想定されています。

例えば福岡の自宅に戻りたい場合は、バンクーバー→羽田→福岡という経路がよく利用されますが、羽田空港で入国の際に14日間の待機が発生するため、すぐに福岡行きの国内線に乗り継ぐことができません。そのため、入国後は空港隣接のホテルに自費で宿泊するか、家族や友人に羽田空港まで迎えに来てもらう必要があります(電車・バス・飛行機・タクシーなどの公共交通機関が利用できないため)

詳しくは厚生労働省の水際対策強化Q & Aのページをご確認ください。

トロントから日本への帰国便がキャンセルになったりしないでしょうか?

平常時はトロント-日本間はエアカナダ(Air Canada)が直行便を運航していますが、エアカナダの運航スケジュールが更新され、6月から運航再開が見込まれていたトロント・羽田線は引き続き運休となっています。

〈エアカナダの一時運休路線〉https://www.aircanada.com/content/aircanada/ca/en/aco/home/book/travel-news-and-updates/2020/china-travel.html/#/pacific-1

日本にご帰国の方は、直行便が難しい場合はバンクーバー経由便を探すようにしてください。他国を経由する便はリスクが高いのでやめましょう(特にアメリカ経由便はやめましょう)。

(4月18日追記)カナダ政府は航空機を利用する乗客に対し、マスク又は口と鼻を覆うことができるフェイスカバーを携帯することを義務化する旨を発表しました。帰国予定の方はマスクの準備をしましょう。

もうすぐ日本に帰国予定です。別送品を扱う運送会社や、携帯ショップなどは営業しているのでしょうか。

最新の営業状況は各会社にお問い合わせください。

【運送会社】
クロネコヤマトさんは通常営業
※ 3月25日からの営業停止措置によりほぼ全ての取次店が閉まっています。詳細はクロネコヤマトさんに確認しましょう。
日通さんも営業していますが、別送品の受付を一時中止中です(再開時期未定)

【携帯電話】
Phoneboxさんはオフィスでの営業を6月1日より再開しています。
電話(855-886-0505)、メール(info@gophonebox.com)、LINE(ID: phoneboxcanada)で問い合わせが可能です。
moba*conさんはオフィスでの営業を停止中です。

今カナダにいます。ビザを延長したいのですが、どうしたらいいでしょうか。

IRCC(移民局)は現在必要最低限のサービスのみ提供していますが、オンラインでビザの申請は現在も可能です。ビザが切れてしまう前に延長申請を行うようにしましょう。カナダ国内から、現在お持ちの有効なビザが切れる前にビザの延長申請をすれば、ビザの結果を待っている間も合法的に滞在を続けることができます。

陸路でアメリカ国境まで行っても、国境の移民局の方はビザに切り替え(延長)の対応をしていないので、その方法はやめましょう。

ワーホリでトロントに滞在中です。勤務先のレストランが閉鎖となり、解雇されてしまいました。カナダのEI(失業保険)受給の対象になりますか?

政府のホームページによると、EI(失業保険)受給資格は以下の通りとなります。

・were employed in insurable employment(雇用保険を支払っている)

・lost your job through no fault of your own(解雇となった原因が自身に無い)

・have been without work and without pay for at least seven consecutive days in the last 52 weeks(過去52週以内に7日連続で無職の状態があった)

・have worked for the required number of insurable employment hours in the last 52 weeks or since the start of your last EI claim, whichever is shorter(過去52週以内もしくは前回失業保険を申請してから規定時間以上働いた)
※ 2020年3月19日現在、地域ごとの失業率を元に計算されるトロントの最低必要勤務時間は700時間となります。

・are ready, willing and capable of working each day(仕事ができる状態である)

・are actively looking for work (you must keep a written record of employers you contact, including when you contacted them)
(求職活動をしている)

EIのホームページには「ワーホリの方は対象外」という記載も、「ワーホリの方が受給できます」という情報どちらも見つかりませんでしたが、気になる方は問い合わせをしてみましょう。

今カナダにいます。自宅から出てはいけないのでしょうか。

3月23日、トーリー・トロント市長は新型コロナウイルスの被害拡大を防ぐために緊急事態宣言を発令しました。市長は自宅に滞在し、必要不可欠な生活物資の購入は週に1度だけとし、できる限り外出しないことを強く呼びかけているため、皆さんもこの期間の不要な外出はしないようにしましょう。

関連サイト

カナダ政府のコロナウイルス関連ページ(英語):
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection.html

外務省-日本人に対する各国の入国制限(日本語):
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

在トロント 日本総領事館(日本語):
https://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※新着情報からコロナウイルス関連のニュースを見ることができます

まとめ

世界中でコロナウイルスの被害が拡大する中で、カナダ政府の対応も目まぐるしく変化していきます。Torontripでは引き続き最新情報入手に努め、この記事を更新をしていく予定です。

著者紹介

山崎 香奈恵
山崎 香奈恵主婦兼フリーランスの翻訳家
日本の外資系商社で勤務している時にカナダ人の夫と知り合い、結婚を機に渡加。カナダでは語学学校のカウンセラーやビザ専門の弁護士事務所でアシスタントとして働き、困っている人をサポートする仕事にやりがいを感じる。
現在は子育てに専念するため主婦となるが、“留学等でカナダに来る方が困らないよう、現地発信ならではの『正しい情報』を届けたい”との思いからTorontripに寄稿を決意。趣味は読書(無名の作家さんを発掘して、翻訳版を日本に紹介するのが夢です)