トロントで車を運転したい方には必見の情報です!

トロント運転免許証

長い留学生活。たまには車でどこかへ出かけたくなりますよね!
でも、”トロントで運転するには、どうすればいいの?
日本の運転免許証が必要?それとも、国際運転免許証?

ここでは、トロントで運転をするために必要な免許証と、取得方法をまとめました!
トロントで運転したい方はしっかりチェックして下さい

カナダの運転免許基礎知識

カナダでは 16 歳から運転免許の取得が可能です。運転免許証にランクがあり、G1,G2,Gという3レベルに分類されます※カナダに60日以上滞在している事も条件です。

G1

初心者クラスの運転免許証で日本の仮免許のようなものです。
深夜の運転、高速道路の運転が不可など様々な規制が設けられています。
一人で運転する事は禁止されており、4 年以上の運転経験のある G 免許保持者の同乗が義務付けられています
有効期間:発効日から 5 年間

G2

G1 免許取得後 12 か月を過ぎると路上実技試験(G1 Road Test)の受験資格が発生します。これに合格すると G2 免許の取得となります。この免許では 1 人でも運転する事が可能ですが、深夜の運転の場合 19 歳以下の同乗者は 1 名だけに限るなどの規制があります。
有効期間:発効日から 5 年間

G

G1,G2のような運転制限が無く一人でも高速道路や深夜の運転が可能、同乗者の規制もありませんG2免許取得後12か月を過ぎると路上実技試験(G2 Road Test)の受験資格が発生します。これに合格すると
晴れてG免許が取得できます!
有効期間:G1,G2のような有効期間はなく更新のみ必要

ここで、日本人ドライバーに朗報
日本での運転経験が2年以上あり尚且つ有効な日本の運転免許証があれば G1,G2 を飛び越え、実技、筆記試験免除(要視力検査)でこの G 免許の取得(書き換え)が可能です!
日本での運転経験が 2 年未満の場合は G2 Road Test を受ける必要があります

免許の取得方法

ここからは、滞在日数に応じた免許の取得方法をまとめていきます!

1:滞在期間 60 日未満

⇒ ”日本の運転免許証”と、”国際運転免許証”を併用しよう!

滞在60日未満の場合、日本の運転免許証と国際運転免許証の両方を所持していれば運転することができます。
※国際運転免許証は渡航前に日本で取得しておく必要があります。
詳しくはコチラで確認できます。
http://www.mto.gov.on.ca/english/dandv/driver/handbook/section1.1.0.shtml

2:滞在期間60日以上

⇒ ”オンタリオ州の運転免許証、G免許”を取得しよう!

渡航後60日を超えてからも運転したい場合はオンタリオ州の運転免許証に切り替える必要があります。日本での運転経験が2年以上あり、尚且つ有効な日本の運転免許証があれば実技、筆記試験免除でG免許への書き換えが可能です。(要視力検査)
*日本での運転経験が2年未満の場合、G2 Road Test を受ける必要あり。その際に取得できる免許はG2免許。
 http://www.ontario.ca/page/exchange-out-province-drivers-licence#section-1
*バンクーバーとは違ってトロントで取得する場合は、日本の免許証は没収されません

G免許の取得方法

申請に必要なものは、以下。(申請場所は、サービスオンタリオ)

1:パスポート
2:有効な日本の運転免許証
3:※自動車運転免許証抜粋証明

4:申請費用、$81.50(5 年間有効、2015 年 9 月現在)

「自動車運転免許証抜粋証明」の取得方法

トロントの日本大使館、日本総領事館で申請する。
申請に必要なものは、以下。

1:日本の運転免許証
2:パスポート
3:手続き費用、$24(2019年8月現在)
*3,4日で発行されます。

詳しくはコチラから確認できます。
https://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000013.html

国際運転免許証って何

国際免許証とはジュネーブ条約加盟国がそれぞれの国で発行された運転免許証を加盟国同士間で認め合うというものです。有効期限は発行から1年ですが、オンタリオ州で国際運転免許証が有効なのは渡航後60日のみなので気を付けましょう
ただし、国際免許単独では効力を持たないので日本での運転免許証を一緒に提示できるよう携帯しておく必要があります。
*国際免許証は ”日本免許証を翻訳したもの” という位置づけ。

国際運転免許証の取得方法

日本国内の運転免許センターで申請できます。(原則本人のみ申請可能)
申請に必要なものは、以下。

1:有効な運転免許証
2:パスポート,または外国に渡航することを証明する書類
3:国外免許用写真1枚(申請前6か月以内に撮影したもの)
  ※大きさや規定などは各運転免許センターで確認してください
4:印鑑(認印)
5:手数料2400円(2015年現在)

運転する際の注意点

トロントの交通ルールは日本と異なります。さらに、全て英語表記なので充分に注意する必要があります(>_<)以下のルールは一例です。
・右側通行(運転席も日本と逆の左側)
・赤信号であっても要確認の上右折が可能(右折禁止の表示がある場合を除く)
・ストリートカーが停止している際は、原則として右側から追い越しては行けない

詳しくは以下のサイトを確認して下さい。
http://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/nihongo/shomei/drive.pdf

まとめ

・滞在 60 日未満 ⇒ ”日本の運転免許証”と、”国際運転免許証”を併用
・滞在 60 日以上で、日本での運転期間2年未満
 ⇒G2 Road Test を受けて、G2 免許を取得
・滞在 60 日以上で、日本での運転期間 2 年以上
 ⇒G 免許を取得

オンタリオ州の運転免許証を取得すれば身分証明書にもなりますから、お酒やたばこを買う際にパスポートの携帯が不必要になります☆

著者紹介

Torontrip
Torontripトロント総合情報サイト
Torontripではトロント現地の最新情報をお伝えさせてもらいます!
日本在住の方にとっては、留学関係のお役立ち情報。
トロント在住の方にとっては、観光スポット、食べ物、現地のイベント情報。
などなど、みんなにとって有益な情報をできる限り発信していきたいと思っております!