食品編に関するお土産選びは、これでバッチリ!

カナダのお土産カナダのお土産と言えばメープルシロップやアイスワインが王道ですよね!
メープルシロップやクッキーなどは美味しくて大好きなのですが、最近ではお土産というより
「日本でも買えるカナダ産の商品」という感じで、日本のスーパーなどでも購入できます。

お土産に何を買ったらいいのかな?」とお悩みの方、
今回はあまり知られていない、ちょっと変わった?意外と喜ばれる?トロントのお土産をご紹介します!

定番のサーモンをお土産に!

カナダと言えばサーモンも有名ですよね。
だけど生ものをお土産として持って帰るのはかなり大変…そんな時は、「サーモン缶」です!

Sockeye Salmon(サッカイサーモン)

サッカイサーモン私のおすすめの CLOVER LEAF の Sockeye Salmon(サッカイサーモン)。日本で言う、紅ザケです。
https://www.cloverleaf.ca/en
スーパーやドラッグストアで、$5ほどで手に入ります。
ここだけの話、スーパーによって価格がかなり変わります。
メトロ(Metro)では $4.99、ロブロ(Loblaws)では $6.13 でした!

Pink Salmon (ピンクサーモン/カラフトマス)

ピンクサーモン

他にも Pink Salmon (ピンクサーモン/カラフトマス)がありますが、生臭みがあるのでサッカイサーモンがおすすめです☆
そのままでも美味しいですし、パスタなどに入れても大変おいしく食べられます♪
ちなみに CLOVER LEAF はマーカム(オンタリオ州)に本社がありますよ!

他にもお土産におすすめな「スモークサーモン」情報もございます!要チェックです☆
スモークサーモン: https://torontrip.info/salmon

勝手におすすめしたい缶詰め

誠に勝手ながら、「オイスター缶」も是非、おすすめしたい一品です!
「オイスター缶」は比較的どこのメーカーでも美味しいです。


私が個人的に好きな CLOVER LEAF だと、Smoked Oysters と Smoked Oysters with Spicy Chili の 2 種類があり、スーパーやドラッグストアで、$3 ほどです。
アイスワインとも相性バッチリなのです!
あまりインスタ映えはしませんが、お酒好きな方へのお土産にいかがでしょうか?

日本にはないこんな味!

カナダに来て初めて知りました…「ケチャップ味」たるものがカナダには存在するのです。
メープルシロップ同様にカナダ人に愛されてる、カナダ限定のフレーバーです。

プリングルス ケチャップ味カナダ人がどれほどケチャップを愛しているのかは分かりませんが、
カナダで販売されてるプリングルスや他のポテトチップスにも「ケチャップ味」のものがあります。
正直、「ケチャップ味」と言われなければ分からない程度ですが、普通に美味しいです。
お土産には少しかさばってしまうかもしれませんが、さすがのコストコでも日本では買えません!(笑)

他にもあった!カナダ限定の味

ケチャップ味以外にも、カナダには「All Dressed」という謎フレーバーのチップスがあります。
Barbecue (バーベキュー)、Salt and Vinegar (ソルト&ビネガー)、Ketchup (ケチャップ)、
Sour cream and Onion (サワークリーム&オニオン)が全て混ざり合っています。
つまり、1 枚 1 枚味が違うのです!
これも日本のコストコでは買えません!(2 回目)

私が実際にもらって嬉しかったカナダ土産

マック&チーズ

マカロニアンドチーズ日本ではあまり馴染みのないマカロニチーズですが、カナダではクラフトフーズ (Kraft Foods) が出しているインスタントのマカロニチーズが大人気です。カナダの家庭には必ずと言っていいほど常備されております。

お湯を入れてマカロニが柔らかくなってきたら、牛乳(できればバターも)と同封されているチーズパウダーを入れて完成です!カップラーメンより少し手間はかかりますが、手軽に食べられます。

カナダの珍味、子持ち(数の子)昆布 <番外編>

子持ち昆布トロントではなかなか手に入らない品なのですが、私の母がとても喜んでいたのでご紹介いたします!
これは日本人に持ってこいなお土産と言っても良いでしょう!カナダでは春の風物詩とされている子持ち昆布。
数の子と昆布が一緒になっている感じです。近年はニシンの不漁がカナダでも問題になっており、価格も高騰していますが、主に日本等へ輸出されています。カナダディアンはほとんど食べないようです…(笑)

バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州の名産で、バンクーバーではスーパーなどで買うことができます。日本で買うよりも安く手に入るそうですが、トロントで手に入れるのは難しいです(ごめんなさい…)
バンクーバーへ行ったときのお土産にいかがでしょうか?

まとめ

お土産に何度悩まされたことでしょうか…メープルシロップやクッキーなど有名なものは日本でも簡単に手に入ってしまう時代です。今回紹介したのはお手ごろな価格に加え、カナディアンが普段から愛食している、日本ではなかなか手に入らない商品です!(今までケチャップ味のポテチがあったでしょうか…?)
また、カナダならではのお土産、「メイド・イン・カナダ」を今後もご紹介できればと思います☆

著者紹介

川上 絢
川上 絢美容関連の会社勤務
昔から海外ドラマやファッションに興味があり、デパートの美容部員を経て一念発起し、25歳で渡加!
トロントでは語学学校とカレッジに通い英語を磨く。
カレッジ時代に出会った夫と昨年入籍し、これまでに学んだ美容の知識を活かして美容関連の会社に就職。
”趣味はカフェ巡りとブログで、現地から「トロントの今」をお伝えしたいと思います!”