5月8日以降カナダにワーホリビザで渡航する方は、企業からの内定が必要になります

面接を受ける女性

こんにちは。私のいるトロントでは、5月10日現在、一部事業の営業再開、州立公園の利用などが許可されるなど、少しずつですが明るいニュースが入ってきました。そんな中でIRCC(カナダ移民局)から、ワーホリビザで渡航する方の条件について大きな変更がありました。
ビザコンサルタントオフィスで働いていた時にお世話になったビザコンサルタントさん(ビザ専門の弁護士さん)からもお話を聞き、現時点で判明している変更点を内容を詳しくまとめました。

発表の内容

5月8日にIRCC(カナダ移民局)から以下の発表がありました(IRCCからの発表詳細はこちら(英語))

Effective May 8, 2020, applicants in the Working Holiday, Young Professional or International Co-op categories can come to Canada only if they:

・have a valid job offer, and
・a port of entry letter of introduction
This measure will be in effect until further notice. Continue to check our website for updates.

今までとの変更点

5月8日から、カナダにワーキングホリデーで入国する方は、
有効なジョブオファー(雇用契約書)
・ワーホリビザの許可証
が必要となります。

変更前のワーホリビザの参加条件は『現地企業から内定をもらっていないこと』だったのに、今回の変更では内定をもらっていることが条件となり、正反対の条件となってしまいましたね。
なお、この条件は今後ワーホリで渡航予定の方全員に適用されます。詳しくはQ&Aを参照ください。

ジョブオファーとは

カナダをはじめ、海外の企業では、採用が決まった時にjob offer letter(以下ジョブオファー)と呼ばれる雇用契約書が発行されます。ジョブオファーには、内定者の情報・職務内容・賃金などが記載され、内定者がジョブオファーに署名をすることで雇用契約が成立します。

job offer letterのサンプル画像
(↑ジョブオファーサンプル。クリックで拡大します。)

つまり、今後カナダにワーホリで渡航する方は、日本にいる間に面接を受けるなどして就職先を確保し、そこからジョブオファーをもらう必要があるということですね。今後はワーホリで渡航のハードルがかなり高くなってしまうでしょう。

Q&A

すでにワーホリの許可証をもらっていてもジョブオファーは必要?

ワーホリの許可がいつおりたかに関わらず、今回の変更は5月8日以降カナダにワーホリビザの許可証を持って渡航する全ての方に適用されます。つまり、5月8日以前にワーホリの許可証をもらっていても、カナダ渡航前に現地企業からジョブオファーをもらう必要があります。

この措置はいつまで続くの?

この措置が一時的なものなのか永久的に続くのか、いつまで続くのか発表されていません。
私がお話を聞いたビザコンサルタントさんの話では、コロナウイルスの影響による一時的なものではないかとのことでしたが、あくまでそのコンサルさんの意見であり公式な発表ではありません。

なぜ今回このような変更があったの?

先述のビザコンサルタントさんのお話では、今回の変更の背景には2つの理由があるそうです。

まずはコロナウイルスの影響で、留学生だけではなくカナダ人も職を失ったり、再就職先が見つけにくい状況になっています。そのため、今後ワーホリをする方が仕事を見つけられないという状況を危惧しているためとのことでした。
もう1つは、海外からessential job worker(医療・スーパーやドラッグストアの小売業など、コロナ下で必要な業種に従事する人)を確保するためではないかとのことです。

就職先を見つけられる自信がありません。カナダのワーホリは諦めるしかないでしょうか。

現時点では多くのワーホリの方が働く飲食業も営業禁止となっていて、求人もほとんどないためジョブオファーをもらうことは現実的ではありません。今回の制限がなくなるか、飲食業が営業再開をするなど状況が変わるまで、渡航を延期しましょう。

今回の変更をはじめ、コロナウイルスの被害状況によりカナダのビザのルールが急に変更となることがあります。今後カナダへワーホリを考えている方は留学エージェントやビザコンサルタントへ必ず相談をするともに、最新情報を入手するようにしてくださいね。

まとめ

今回の大きな変更で、これからワーホリビザでカナダへの留学を検討していた人はショックだったのではないかと思います。コロナウイルスが落ち着いて、今回の変更がなくなり、今までのように気軽にワーホリに来れるように戻って欲しいです。
Torontripでは引き続き最新情報入手に努め、皆さんに現地からの情報をお送りできるようにしますね。

著者紹介

山崎 香奈恵
山崎 香奈恵主婦兼フリーランスの翻訳家
日本の外資系商社で勤務している時にカナダ人の夫と知り合い、結婚を機に渡加。カナダでは語学学校のカウンセラーやビザ専門の弁護士事務所でアシスタントとして働き、困っている人をサポートする仕事にやりがいを感じる。
現在は子育てに専念するため主婦となるが、“留学等でカナダに来る方が困らないよう、現地発信ならではの『正しい情報』を届けたい”との思いからTorontripに寄稿を決意。趣味は読書(無名の作家さんを発掘して、翻訳版を日本に紹介するのが夢です)