体調不良だけど病院に行くまでもない…そんな時におすすめの市販薬です!

薬

「仕事から帰ったら寒気が…」考えたく無いですが、病気になってしまう時もありますよね。
日本で病気になるのも億劫ですが、海外で病院にかかろうと思うと、病気の心配プラス英語の心配もしなくてはならず、面倒さ2倍…
軽い症状なら、市販薬で済ませたいという方も多いかと思います。ということでカナダ人の知り合いに聞いたおすすめの薬を紹介します!

症状別のおすすめの薬

早速ですが、トロントの薬局で買えるおすすめの薬の紹介です。

頭痛

頭痛の時のおすすめの市販薬Ibuprofen(イブプロフェン)です。イブプロフェンは市販薬の名前ではなく、鎮痛成分の名前なのですが、製薬会社各社からイブプロフェンの錠剤が販売されています。
成分はどの会社もほとんど変わらないので、私はドラッグストアのプライベートブランドのものをよく購入します。Advil(アドヴィル)社のイブプロフェンもセールになっていると安いですよ。

Life Brandのイブプロフェン
Shoppers Drug MartのプライベートブランドLife Brandのイブプロフェン

advilのイブプロフェン
Advilのイブプロフェン

頭痛薬にはRegular Strength(普通の効き目)とExtra Strength(強い効き目)があります。日本の頭痛薬はイブプロフェンの成分が200mg含有のものが多いので、日本の頭痛薬と同じ効き目がいい方は、Regular Strengthを選ぶといいでしょう。
ちなみにibuprofenは、英語ではアイブプロフェンと発音します。「イブプロフェン」と言うと通じないのでお気をつけくださいね!

風邪

風邪と言っても、熱、喉の痛み、寒気など色々な症状がありますよね。風邪薬はTylenol(タイレノル)と言うブランドが有名です。症状に合わせた色々な種類が販売されています。

Tylenolの総合風邪薬
↑総合風邪薬はパッケージにごちゃごちゃ書いてあります。「こんな症状に効きますよ」と言うのを羅列してあるんですね。

総合風邪薬以外の症状に特化した風邪薬が欲しいと言う方は、以下の単語を参考にしてくださいね。

runny nose: 鼻水
sneezing: くしゃみ
nasal congestion、sinus pressure: 鼻づまり
sore throat: 喉の痛み
fever: 熱
chill: 寒気
headache: 頭痛 
cough: 咳
mucus、phlegm: 痰

https://www.tylenol.ca/symptoms/adult/headaches/cough-cold-flu-symptom-checker
↑症状を選択すると、症状に合ったTylenolが表示されます。

咳・喉の痛み

トロントは乾燥するので、季節の変わり目に喉が痛くなることが良くあります。カナダ人は、咳や喉が痛い時にBuckley’s(バックリーズ)と言うシロップ状の薬を服用します。
Buckley’sはIt tastes awful. And it works(すごいマズいけどめっちゃ効く)と言うキャッチコピーで有名ですが、実際にめちゃめちゃマズいです(笑)でもピタッと咳が止まるのでおすすめですよ!

buckley's

胃痛・下痢

胃痛や胃もたれ、下痢の時はPepto Bismol(ペプト・ビズモル)と言う液体薬が有名です。
私は実際は飲んだことがないので、カナダ人の友達に聞いただけですが、カナダ人は胃のトラブルがあった時はこの薬を飲んでいるようです。
吐き気、胸焼け、消化不良、胃のむかつき、下痢に効く総合胃腸薬です。ピンクの液体が海外っぽいですが、飲むのに少し勇気がいりますね…。

pepto bismol

アレルギー症状

日本では花粉症の私ですが、トロントに来てからは幸い花粉症の症状は出ていません。しかしながら、空気が乾燥していて、ハウスダストで鼻や目が痒くなることもしばしば…。
そんな時におすすめのアレルギー薬です。

allegra

Allegra(アレグラ)です。日本でも嵐の大野くんがCMしていますね。

虫刺され

日本ほどでないにしても、トロントにも蚊はいます。夏にアウトドアアクティビティをする時は特に気をつけたいですが、刺されてしまったらおすすめはAfter Bite(アフターバイト)です。

after bite

日本で売っているムヒのような、清涼感のあるかゆみ止めです。

トロントの薬局

上記で紹介した薬は以下の薬局で購入できます。

Shoppers Drug Mart

shoppers drug martのロゴ

トロント市内でよく見かける薬局ですね。
プライベートブランドLife Brandにも力を入れていて、他のブランドより少し安いことが多いです。

市内に店舗がたくさんありますが、Yonge-Bloorの駅構内にある店舗がアクセス抜群です。

Shoppers Drug Mart
20 Bloor St E, Toronto, ON M4W 3G7

24時間営業の店舗もありますよ。いざという時心強いですね。

Rexall

rexallのロゴ

レクソールと読みます。Shoppersほど目立つ薬局ではありませんが、主要な駅やショッピングモールの中にあることが多いです。地下鉄Eglinton駅近くのYonge Eglinton Centre内の店舗を紹介しますね。

Rexall
2300 Yonge St, Toronto, ON M4P 1E4

注意事項

カナダの薬を購入する際の注意事項をまとめました。

昼用・夜用

カナダの薬はDay Time(昼用)、Night Time(夜用)に別れていることが多いです。
昼用は眠くなる成分が入っておらず、夜用は眠くなる成分が入っている他、鼻づまりなど就寝時に不快な症状が出ないような配合になっていることが多いです。
私は夜用を昼に服用して、仕事中に死ぬほど眠くなったことがあるので(笑)みなさん気をつけてくださいね。

昼用Tylenol
↑このようにDaytimeと書いてあるものは昼用です。

allegra
↑風邪薬・アレルギー薬は眠くなる成分が入っていることもあるので、Non-Drowsy(眠くならない)と書いてあるかどうか確認してから購入しましょう。

探している薬が見つからない時には…

薬局の店員さんに探している薬があるか聞きましょう。

I’m looking for Tylenol. Where can I find it?
(Tylenolを探していますが、どこにありますか?)

Do you have any non-drowsy cold medicine ?
(眠くなる成分の入っていない風邪薬はありますか?)

I have a fever and a joint pain. Do you have medicine for these symptoms?
(熱と関節の痛みがあるのですが、このような症状向けの薬はありますか?)

まとめ

慣れない海外生活や、気候の違いで体調を崩してしまうこともあるかと思います。「何か体調が悪い…」と思ったら、この記事を見ながら薬局に行ってください。市販薬でよくならない時は病院へ行きましょう。また何かあった時のために保険にもきちんと入っておきましょうね!

著者紹介

浅田 理子
浅田 理子ラーメン店勤務
3度の飯より(?)ラーメンと英語が好き。
日本では調理師専門学校を卒業し、イタリアンレストランでシェフとして働く傍ら、英会話教室にせっせと通い TOEIC700 点突破を機に意を決してカナダにワーホリへ。
ラーメン店で勤務する中で、その働きっぷりとラーメン愛が認められ念願のワークビザを獲得。移民に向けて CELPIP 対策に励む日々を送っている。