カナダ留学が人気な理由はここにあり!

「本格的に英語を学びたいけど、留学先はどこがいいの?」留学先を決めるのは大切な第一歩ですね。
国によって英語の発音や文化が違うように、留学先によってあなたの今後が大きく変わってきます!
ここでは、たくさんの留学生を魅了するカナダのおすすめポイントをご紹介します!

カナダ留学をすすめる理由は?

母国語を英語とする国はたくさんありますね。留学先として人気なのがカナダをはじめイギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドです。
人気の留学先がいくつかあるにも関わらず、カナダがおすすめなポイントはどこにあるのでしょうか?

治安の良さが◎

カナダは世界屈指の治安の良さを誇ります。治安が悪いという理由で外出の機会が減っては、せっかくの留学が台無しです。カナダとアメリカと隣同士ですが、カナダでは銃の所持が厳しく取り締まられています。また、カナダは教育水準が高く、国民性も穏やかなのでこれらも治安の良い理由と言って良いでしょう。

私自身、カナダに来てから2年ほど経ちますが、夜中に一人で出歩いていても怖い目に遭ったことはありませんし、私の周りでも大きな犯罪に巻き込まれたという人はいません。
*もちろん、銃を見たこともありません。笑

ですが、”盗難”だけは気を付けてください。
カナダだけでなく全世界共通で言えることですが、レストランや図書館で財布や携帯を盗まれたという話は耳にするので、日本の様にカフェで席に貴重品を置いたままレジで注文するのは危険です。
くれぐれも外出先では貴重品は手放さない様に注意してくださいね!

カナディアンの英語は美しい

カナダ留学の大きなメリットしては、カナディアンが話す英語です!
実際に聞いてみると良くわかりますが、彼らの英語はとても聴きとりやすく、また、日本人でも話しやすい、綺麗な英語を話すのです地域や文化によって違いはありますが、カナダの英語はアメリカとイギリスの英語表現が自然とミックスされていて訛りがなく、北米メディアの標準語として使用されているほどです。

オーストラリアやニュージーランドも留学先として人気がありますが、特有のアクセントや言い回しなど、その国らしさがって素敵ですが、日本人には聞き取りにくく感じることがあります。

英語を使って仕事をしたい人や、特にビジネスレベルで英語を話したいと考えている人にとって、相手が英語を母国語としない場合でも、誰もが聞き取りやすいカナダ英語が強い味方になります。

就労ビザが取りやすい

カナダはアメリカやイギリスに比べてワーホリビザなど働けるビザを取得しやすいです。
ワーホリビザを例にご紹介すると、アメリカにはワーホリ制度がないので、就労ビザと取得しようとしても条件が大変厳しくなっています。

一方、イギリスにもワーホリの制度がありますが、定員がわずか1,000人となっています。年度によっては倍率が10〜20倍にもなり、かなりの狭き門です。一方でカナダのワーホリビザの定員は6,500人(2019年度)となっており、ほとんどの方にとっては「希望すれば取得可能」なビザとなります。

その他、就労条件もあまり厳しくありません。例えばオーストラリアでは、同じ雇用主の元では最長6ヶ月までしか働けませんが、カナダではそのような条件はありません。

質の高い語学学校が豊富

移民の多いカナダでは母国語を英語としない国民が多くいます。移民を目指す人や多くの留学を受け入れていることから、カナダは語学教育にも熱心です。バラエティー豊かな授業内容、そして志高い学生が多いので他の国と比べても学校の質が高いと言えます。

高額すぎない学費

語学学校は基本的に大都市に集中しているので、どうしても生活費が高くなってしまいます。ですが、留学先として人気のあるロンドン(イギリス)、ニューヨーク(アメリカ)に比べて、トロントやバンクーバーは授業料を含め物価が少し安いのです。

留学費用(学費・渡航費・滞在費・食費)の目安を簡単にご紹介すると、1ヶ月の平均がイギリスは60万円、アメリカは65万円、カナダは55万円となります。
前の項目でも紹介したように、他の国と比べて語学学校のクオリティーが高いため「低予算で高水準の留学」ができるのもカナダ留学の大きな魅力です☆

カナダ留学がからできること!

多種多様な文化に触れ合える

カナダは「移民の国」です。世界各国から移民を受け入れています。
そのため、各国から移民してきた人たちが住みやすい環境が整っています。

例えばトロントには、J-Townやリトルトーキョーを始め、チャイナタウン、グリークタウンリトルイタリーコリアタウンなどがあります。日本人留学生の多い地域では日本食に困ることはほとんどなく、日本でお馴染みの生活用品(ユニクロや無印良品など)も簡単に手に入ります。
いろんな国籍の友達ができるのはもちろん、日本ではお目にかかれない各国の料理が楽しめるのも嬉しいですね!

 季節で楽しめるアクティビティ

夏や秋はバンフでハイキング、アルゴンキンパークでキャンプ、カナディアンロッキーで山登り。
冬はウィスラーでスノースポーツ、イエローナイフでオーロラ観測などが楽しめます。 また、トロントやバンクーバーでは春に桜を見ることが出来るのですよ!(残念ながらカナダでは外での飲酒は禁止されているので、日本の様にお酒を楽しみながらのお花見はできませんが…)

まとめ

留学先を決めるに当たって、その国々で素晴らしいことがたくさんあります。留学の目的によって渡航先は変わりますが、カナダでは語学だけでなく英語圏以外の国の文化などを体験、知ることができます。カナダ留学で日本では味わえない貴重な経験をしましょう♪

著者紹介

川上 絢
川上 絢美容関連の会社勤務
昔から海外ドラマやファッションに興味があり、デパートの美容部員を経て一念発起し、25歳で渡加!
トロントでは語学学校とカレッジに通い英語を磨く。
カレッジ時代に出会った夫と昨年入籍し、これまでに学んだ美容の知識を活かして美容関連の会社に就職。
”趣味はカフェ巡りとブログで、現地から「トロントの今」をお伝えしたいと思います!”