それぞれの特徴を知って、お得に買い物しましょう!

トロントで生活していくうえで必要なのがスーパー!!来たばかりの人や、これからシェアハウスに引っ越して自炊して節約したいという人は、「どこが安くて品揃えが良いスーパー?」「日本食はどこに売ってるの?」と気になる事が多いのではないでしょうか。
トロントにはたくさんのスーパーがあり、日本のスーパーとは違う点もあります。そこで今回はトロントのおすすめスーパー特集です!!

スーパーの紹介

まずはじめに、トロントには高級スーパーやオーガニックスーパー、安いスーパー、日本食がおいてあるスーパーなどたくさんのスーパーがあります。「一体どこのスーパーがオススメなの?」「たくさんありすぎて、どこに行ったらいいかわからない!」方も多いと思います。なので、トロントにある代表的なスーパーをご紹介したいと思います!

Whole Foods Market (ホールフーズマーケット)

https://www.wholefoodsmarket.com/

安さ: ☆☆☆☆☆(高めの価格帯)
品質の良さ: ★★★★★(オーガニックスーパー)
オススメの食材: チーズ、デリ(惣菜)、野菜

高級オーガニックスーパーです。アメリカ発のスーパーなので、聞いたことや行ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。このスーパーは、果物などの品質も良く新鮮な物がたくさんあります。また、オーガニック商品も多数あり健康サプリメントなどもたくさんありますよ!
特に私はお惣菜コーナーがオススメです!たくさんの種類があって、いつもどれを食べようかと迷ってしまいます(笑)高級スーパーなので、たまーに自分のご褒美として行くのを楽しみにしています(*^^)v

住所:87 Avenue Rd, Toronto, ON M5R 3R9
トロント市内には2か所(Bay駅近く、Sheppard-Yonge駅近く)場所はダウンタウンの近くにあります。地図はアクセスの便利なBay駅の店舗の紹介です。

Loblaws (ロブローズ)

http://www.loblaw.ca/en.html

安さ: ★☆☆☆☆(少し高めの価格帯)
品質の良さ: ★★★★★(プライベートブランドにも力を入れています)
オススメの食材: 野菜、パン、デリコーナーのハム(量り売りです)、チーズ、President’s Choice(自社ブランド)製品

Loblawsは、カナダ最大のスーパーマーケットです!少しお高めなのですが、品質もよく品揃えも良いです。そして、お惣菜コーナーも充実していて美味しいものがたくさんあります!また、自社ブランドとして、お手頃価格の「No Name(ノーネーム)」や品質にこだわっている「President’s Choice(プレジデンツ・チョイス)」 もあります。
そして「PC Optimum」というポイントカードが使えます。PC Optimumは、Loblaws系列のNo Frills(下記で紹介)や、ドラッグストアShoppers Drug Martでも利用できます。ポイントカードを作って賢く買い物しましょう。

住所:60 Carton St, Toronto, ON M5B 1J2
場所は地下鉄 College駅で降りて徒歩4分です。(ここ以外にもトロント市内多くの店舗があります)

No Frills (ノーフリルズ)

https://www.nofrills.ca/
*公式ページは日本からはアクセスできません

安さ: ★★★★☆(お肉も野菜も相場より安め)
品質の良さ: ★★☆☆☆(特別良くも悪くもなく、平均的です)
オススメの食材: 肉・野菜など食材全般、No Name(自社ブランド)製品、President’s Choice(自社ブランド)製品

No Frillsは、Loblaws系列のスーパーで野菜や肉が新鮮で安くてお手頃価格です!食品から日用品まで何でも揃ってます。お店に入ると店頭に安売りチラシが置いてあるので、それをチェックしてからお買い物するのがオススメです!
Loblawsの自社ブランド商品(President’s ChoiceやNo name)も購入可能です。また最近では、日本の食品も少しですが販売されるようになりました。店舗数も多いので、家の近くや学校や職場の近くにあればぜひ行ってみてください!

住所:345 Bloor St E #1A, Toronto, ON M4W 3J6
場所は地下鉄 Bloor-Yonge駅で降りて徒歩10分です。(ここ以外にもトロント市内多くの店舗があります)

PAT Mart (ピーエーティーマート)

安さ: ★★★☆☆(日本の食材を買うなら相場より安め)
品質の良さ: ★★☆☆☆(平均的です)
オススメの食材: 日本の食材

日本食を取り扱う韓国系スーパーです。調味料やインスタント食品やお菓子など幅広く取り扱っています。また、カナダのスーパーでは薄切りのお肉があまり売られていないのですが、PAT Martでは売っています!分厚いお肉も魅力的ですが、やっぱり薄切り肉で日本食を作りたい時には便利ですよ~!日本の食材や調味料は割高ですが、食べ慣れた味をたまには食べたくなった時にはオススメのスーパーです!

住所:675 Bloor St W, Toronto, ON M6G 1L3
場所は地下鉄 Christie駅で降りて徒歩4分です。

その他の日本食材を買うことができるスーパー情報はこちらも参考にしてください。

トロントのスーパー早わかり表

さて、ここではトロントのスーパー早わかり表を作ってみました!!
これを見れば、値段・品質が一瞬でわかりますよ(*^^*)
ぜひ、この表を参考にして色んなスーパーに行ってみてくださいね♪

赤枠カナダ系スーパー青枠アジア系スーパーになります。

<おまけ>
この表には載ってないですが、Dollerama(ダララマ)にも小さい調味料やお菓子が売ってますよ〜!
塩・コショウやサラダ油などは普通のスーパーより小さいサイズで売っているので、少しだけ欲しいという時におすすめです(^^)

値札の見方

さて、ここまではスーパーの特徴についてお話しました。 続いては値段表記の見方についてお話したいと思います! 日本とは違う値段表記やカナダの量り売りシステムを確認しておきましょう。

lb(ポンド)

野菜売り場などによく表示されている「lb」一度は見た事ある方もいるのではないでしょうか?
実はこれ「ポンド」という重さの単位なんです! 日本では「グラム」表記ですが、カナダでは「lb(ポンド)」表記になります。私は初めて見たときに「ポンド」とは読めませんでした(笑)

1lb = 約455g」です。カナダのスーパーでは、キャベツなど量り売りの場合は「1lbいくら」と表記されています。私は初めてキャベツを買った時に、『1 lb 1.8ドル』と表記されているのを見て、「キャベツ1玉で1.8ドル!?安いやん!!」と喜んでカゴに入れて、レジでお会計の時に4.8ドルと表示され、「え?1.8ドルやないの?!」という失敗談があります(笑)
なので、皆さんも表記をよく見てお気をつけくださいね。

Buy 1 Get 1 Free

続いて「Buy 1 Get 1 Free」という表示を見かけた事はありませんか?
これは1つ買ったらオマケでもう1つもらえるという意味です(´▽`*)
めっちゃお得だと思いません?この表示は色んな売り場で見かけるので、スーパーに行った際には売り場の表示をよく見てみてくださいね!

注意点

・スーパーの袋は「有料」の所が多いです。1袋につき5セントかかります。なので、お買い物の際には環境保護のためにも節約のためにもエコバックを持参する事をオススメします!

・果物や野菜は量り売り(「$1.8/ lb」など1ポンドあたりの価格)のものと、個売り(「$1.8 ea」などeaはeach(1個あたり)の短縮系)のものが混在しています。価格表示をよく確認してくださいね。

・お肉や卵、魚、野菜などは安ければ良いというわけではありません。痛んでいたり、卵は割れていたりするので、しっかりと確認してから購入しましょう。

・レジでは自分でカゴから商品を取り出します。日本みたいにレジの人がカゴから出してくれるわけではないので、自分でカゴから出しましょう

まとめ

トロントの高級スーパーから格安スーパーまでを一挙にご紹介しました!
いかがでしたでしょうか(^^)? トロントにはたくさんのスーパーがあるので、ぜひ気になったら行ってみてくださいね!
そして、ぜひ皆さんのお気に入りのスーパーを見つけてください♪

著者紹介

浅田 理子
浅田 理子ラーメン店勤務
3度の飯より(?)ラーメンと英語が好き。
日本では調理師専門学校を卒業し、イタリアンレストランでシェフとして働く傍ら、英会話教室にせっせと通い TOEIC700 点突破を機に意を決してカナダにワーホリへ。
ラーメン店で勤務する中で、その働きっぷりとラーメン愛が認められ念願のワークビザを獲得。移民に向けて CELPIP 対策に励む日々を送っている。