トロントからどうやって、指紋認証を登録するの?!

バイオメトリクス

2019 年から、カナダのワーホリビザや学生ビザを取得する方は指紋認証(バイオメトリクス)が必要となりました。
この記事ではトロント(カナダ)滞在中にビザ申請をする方が、バイオメトリクス登録をする方法について解説しています。

バイオメトリクスの概要についてはこちら
日本でバイオメトリクスを登録する方はこちら
バイオメトリクスに関する CIC(カナダ移民局)のサイト(英語)はこちら
※情報は 2019年4月のものです。

ワーホリビザ取得の流れ

【ステップ①】アカウントの作成と申請者登録
前半: アカウントを作成
後半: ワーホリビザpool(抽選)への登録
⇒登録後は第二段階への招待状が届くのを待ちましょう。

⬇︎

ステップ②】申請者情報の登録、書類提出、支払い
前半: 学歴・職歴・住所などの申請者情報の登録
後半: 必要書類の提出、申請費の支払い
カナダから申請の方: バイオメトリクス料金の支払い
⇒申請完了後しばらくするとバイオメトリクスの登録案内が送られてきます。

⬇︎

【ステップ③】バイオメトリクスの登録
バイオメトリクスの登録はカナダ国外(日本、アメリカなど)の専門施設で行います。
日本から申請の方はこちら、カナダから申請の方はこちら

 

この記事では【ステップ③: バイオメトリクスの登録】方法を紹介します。

※注意※
検索するとカナダ国内の施設も出てきますが、
2019 年 3 月現在、外国籍(カナダ人以外)の方の学生ビザやワーホリビザの申請のためのバイオメトリクス採取は、カナダ国内の施設では受け付けていません。
日本人の私たちもカナダ国内の施設は利用できませんのでご注意ください。
この記事の後半に、トロントからアクセスのしやすいバッファロー(アメリカ)の
バイオメトリクス施設について詳しく案内しています。参考にしてくださいね!

まずは予約をしよう

バイオメトリクス導入当初は予約不要でしたが、
2019年4月よりアメリカの施設でも予約が必要となっています。

まずはオンラインでバイオメトリクスの予約を行いましょう。

分かりやすい予約方法はこちら(別ウィンドウで開きます)

 バイオメトリクス登録に必要な持ち物

バイオメトリクス採取には、以下の持ち物を持って行くようにしましょう。

パスポート
Biometrics Instruction Letter(バイオメトリクス案内レター。 サンプル
・予約レター(サンプル

その他、アメリカ入国の際や、カナダに戻ってくる時の入国審査で何か聞かれた時のために、現在の滞在ステータスを証明できるもの(学生ビザ、語学学校の LOA(入学許可証)など)も忘れずに持って行きましょう!

トロントからバッファロー(アメリカ)のバイオメトリクス施設へ

残念ながら、2019年4月現在、外国人(カナダ人以外)はカナダのバイオメトリクス施設を利用することはできません。
トロント在住の方は、ナイアガラの滝の南にある国境を渡ったところにあるアメリカ・ニューヨーク州のバッファロー( Buffalo )にある ASC というバイオメトリクス施設が一番近く、バスで片道 3 時間ほどで行くことができます。

Buffalo ASCの施設情報

USCIS Application Support Center
306 Delaware Avenue, Buffalo, NY 14202

施設の営業時間は平日の 10 時から 16 時となっていますが、
バイオメトリクスの受付時間は平日の 11 時から 14 ですのでご注意ください。

また、この施設でのバイオメトリクスの手続きは2019年4月から要予約となっています。
必ず予約してから行くようにしましょう。

トロントからの交通手段(メガバスを利用した行き方)

Dandus St 沿いにある、Toronto Coach Terminal から出ている Megabus で乗り換えなしで行くことができます。
メガバスのウェブサイト: https://ca.megabus.com/

Toronto, ON から Buffalo Airport, NY 行きのチケットを検索します。

1 日 4 便ほど出ていて、料金は往復$ 40 ほどです。

始発が 7 時台なので、始発でトロントを出発し、バッファローに 10 時くらいに到着。
バイオメトリクスの受付が始まる 11 時まで受付で待って、指紋採取等を済ませ
バッファロー午後発のバスでトロントに戻ってくる、という日帰りプランが可能です。

乗車: Toronto Coach Terminal
610 Bay St, Toronto, ON M5G 1M5
(最寄り駅はDundasまたはSt. Patrickです)

下車: Buffalo Metropolitan Transportation Center

Buffalo のバス乗り場からバイオメトリクス施設までは路線バスに乗ることもできますが、歩いても 15 分ほどの距離です☆

バイオメトリクスの手続き


(↑ Buffalo ASC 外観)


(↑この扉を開けて中へ入りましょう)

施設に入るとまず、空港の保安検査のようなセキュリティチェックがあります。
セキュリティを通過すると受付があるので、そこでバイオメトリクスの手続きに来た旨を伝えましょう。


(↑待合室の様子)

待合室で待つように言われます。
名前が呼ばれ、Biometrics Instruction Letter とパスポートを渡すと、指紋採取と顔写真の撮影をしてもらえます。

朝一のバスで行かれた方は、ほとんど待たずに案内をしてもらえ、手続き時間も数分で終わったとのことです。予約制にはなりましたが、時期によって混み具合も変わってくると思いますので、なるべく早めの時間帯に行きたいですね。

バイオメトリクス後の手続き

お疲れさまでした!
バイオメトリクス完了後は CIC に証明を提出したり、連絡をする必要はありません。
バイオメトリクスを行った施設が CIC に申請者の情報を送ってくれますので、指紋を採った後はビザが下りるのを待っているだけで OK です。

バイオメトリクス完了後、ビザの許可は数日以内に下りる方が多いので、
My CIC のアカウントをこまめにチェックするようにしましょう☆

 


バイオメトリクス後数日で My CIC のアカウントに Correspondence Letter という
名前のビザの許可証が届きます。サンプルはこちら
ビザの許可証が届いたら国境にある移民局で本物のビザに引き換えてもらいましょう!
※ナイアガラの滝でビザを引き換える方法はこちら

まとめ

2019 年から導入されたバイオメトリクス。面倒に見えますが、順を追ってきちんと手続きすれば、それほど複雑ではありません。
期限などに気をつけて、しっかり準備をして臨みましょう!